ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイ

BRIDGE OF SPIES
2015年製作 アメリカ 142分 2016年1月8日上映
rating 3.7 3.7
156 56

『ブリッジ・オブ・スパイ』とは

『ジョーズ』『E.T.』など、発表する作品は次々に大ヒットを記録し、名実ともに映画界のトップに君臨するスティーヴン・スピルバーグが監督を務める。脚本は『バートン・フィンク』『ファーゴ』など多数の映画祭で受賞歴のあるコーエン兄弟と、『フランス組曲』のマット・シャルマン。音楽は『若草物語』『ショーシャンクの空に』のトーマス・ニューマンで、プロダクションデザインには『それでも夜は明ける』のアダム・ストックハウゼンが担当する。主演はアメリカのオスカー俳優トム・ハンクスである。本作はアカデミー賞5部門(作品賞、脚本賞、作曲賞、美術賞、音響賞)にノミネートされ、共演のマーク・ライアンスは助演男優賞に輝いた。

『ブリッジ・オブ・スパイ』のあらすじ

1960年代、アメリカとソ連が一発触発の緊張状態にあった。平凡な弁護士のジェームズ・ドノヴァンは、スパイ容疑で拘束されているアベルの弁護をアメリカ政府から任される。政府の人間はアベルの死刑が妥当と考えていたが、ジェームズはアベルをソ連との交渉のために利用できると説得し、アベルの死刑を回避した。しかし、この判決によりジェームズは更に重大な任務を任されることになる。5年後、ソ連上空を偵察飛行していたアメリカ軍パイロットのゲイリーがソ連に拘束されてしまう。アメリカ政府は、ソ連のスパイであるアベルと、アメリカのスパイ、ゲイリーの交換を、ジェームズに再び任せるのであった。

『ブリッジ・オブ・スパイ』のスタッフ・キャスト

『ブリッジ・オブ・スパイ』の感想・評価・ネタバレ

  • yukakurobe
    yukakurobe 4 2017年8月22日

    『ブリッジオブスパイ』鑑賞。冷戦時に米ソ双方のスパイの人権を守った弁護士の実話に基づく話。恨みと恐怖で当たり前のように人々が憲法を無視したくなる様子が怖かった。多少アメリカ側の方が良く描かれているように感じたけども、良作には変わりない。 ソ連側のスパイがどんなに追い詰められていても態度を変えず、「怖くないのか」と聞かれると「それは役に立つのか」と聞くところが好きだった。そしてその境地に至るまでの彼の話も観てみたいと思った。

  • Marie Otake
    Marie Otake 3 2017年6月18日

    ■ノンフィクション この時代のアメリカの ファッション、髪型、クルマだいすき 町並みもステキ さすがスピルバーグ! 世界観でてる 音楽も良い 不屈の男 ラストシーンせつない ただ二時間半観てるのはちょっとつかれた

  • Marina Sakai
    Marina Sakai 4 2017年5月23日

    不屈の男!かっこいいい!

『ブリッジ・オブ・スパイ』に関連する作品