走れ、絶望に追いつかれない速さで

2015年 日本 83分
rating 3.9 3.9
6 4

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」のスタッフ・キャスト

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の感想・評価・ネタバレ

  • Tsubasa_Kawano
    Tsubasa_Kawano 4 3月24日

    誰にでもある青春物語ではないが、男同士のテキトーなように見えて強い友情。何になるわけでもない行動もなんとなくわかる。何も関係ないところで死なれる方がつらい。語るではなく、漂う空気やふとした表情で訴えかける。こういう映画は観たあとの余韻がいい。

  • ____RiN____
    ____RiN____ 4 2016年7月3日

    『ウワアア!監督同い年いいい!』 だからでしょうか、もう、いちいち、いちいち思い出を引っ張りあげられる。この映画のひとつひとつの場面たちが、わたしの拙い人生の何某かをいちいち釣り上げる。そういう釣り針で溢れている。 たとえばこれは喪失の物語で、近い作風では橋口監督の「恋人たち」があるけれど、わたしにはまだ、妻と子供を亡くす痛みは、想像はできてもどこか夢物語でした。それよりもずっと、「親友の突然の死」のほうが、リアリティのある悲劇であり、その親友の昔の恋人のほうが、リアリティのある存在なのです。 親友との青春の日々は、わたしにもこれでもかと覚えがあり、たとえば朝方の駅前通りでのやりとりや、たとえばマグカップで飲む安酒の味は、手に届く範囲にあるのです。 そして、常に傍にある緩く柔らかな絶望の影。これは、不況ネイティヴや悟り世代と称される、独特の空気感なのかもしれません。 忘れようとしていたあの人のあの言葉とか、あの日の虚勢とか、あの朝の後悔とか、小さな嘘と大きな嘘とか、蓋をして奥にしまって埃をかぶっていたはずの思い出たち。そういう、実にパーソナルなものと、恐ろしいほどリンクしてしまいました。 引っ込み思案で感情を表に出すことが苦手な主人公・漣。対照的に、人当たりが良く甘い顔の美男でいつも輪の中心にいるような親友・薫。そんな彼の突然の自殺を受け入れるため、薫のルーツを探す旅に出る漣の物語。 冒頭、背中を丸め、就活用の安っぽい黒スーツとビニール傘で、決まり悪そうに微笑み手を振る薫の後ろ姿も、降りたシャッターの前で降り出した雨を避けタバコを吸う同級生たちも、そんな薫の後ろ姿を怖い顔で見送る元恋人・理沙子の眼差しも、点滅する歩行者用信号の嘘くさい青緑色も、雨に乱反射する赤いテールランプの行列も、それらを包み込む東京のどこかの街の喧騒も、まるでわたしの記憶そのもののように、見知ったものでした。 全編にわたり、わたしはこの物語をずっと前から知っていたような気分にさせられます。崖のあの彼女の涙の訳も、朝日の屋上での鼓舞するような言葉も、知っていたような気がするのです。 既視感とも少し違うこのノスタルジアは、他のどの監督の作品とも違うように思いました。一番近いのが、世代の近いバンドが紡ぐ詩の世界。 そういえば、中川監督は詩人なのでした。 今後、彼が紡ぐ世界はきっと、わたしたちの目線と近いところにいてくれるのではないかと期待しています。 ひとは、未来に希望がなければ生きられないと、強く感じました。でもそれは大それたものである必要はなくて、明日はあのドラマの日だ、とか、期間限定のアイスが今週末からだ、とか、来月には好きなバンドのライブがある、とか、来年には友達に子供が生まれる、とか、そんなもんでいい。そんなもんでいいから、そんなもんを目指して、絶望に追いつかれない速さで、走っていかなくちゃならないんだろうな。

  • Ryosuke_Ohba
    Ryosuke_Ohba 4 2016年6月6日

    2016年のミニシアター映画ランキングに入ってくるであろう傑作青春映画です。素晴らしかった。83分にまとめた手腕は評価されてしかるべきでしょう。 本作が表現しているのは青春の終わり。つまり、「自分の分身とも言える親友が去り、青春は終わった」という話なのです。それは、スコット・フィッツジェラルドが『グレート・ギャツビー』で表現し、レイモンド・チャンドラーが『ロング・グッドバイ』で表現し、村上春樹が『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で表現したものと同じものです。本作は、かの傑作たちの流れを汲んだ正統派青春物語なのです。 『グレート・ギャツビー』は1925年、『ロング・グッドバイ』は1953年、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は1985年とおおよそ30年周期で語り継がれている物語類型なのですが、本作が春樹から30年経て発表されたことはまさにその正統な後継であることを示唆する要素のひとつと言えるでしょう。 監督の中川龍太郎は1990年生まれと非常に若い監督。才能があるクリエイターであり、映画を撮ることが難しい現状をふまえて、10年に1本の傑作を作るのではなく、10年連続で駄作を作りたいと発言するなど、その姿勢は尊敬に値します。 個人的には10年に1本傑作を撮る監督の方が好みなのですが、中川監督は表現の本質をふまえて上記のような発言をしているので、是非、次の作品も観てみたいと思いました。 また、中川監督は本作を非常に未熟な作品であると語っていましたが、青春物語はコントロールできない未熟さがあった方がいいと考えているので個人的には問題なかったです。 前日から食事をとらず、朝食のシーンにのぞんだ太賀のキャリア最高の演技も必見。 おそらく本作を観た誰もが絶賛するであろう屋上のシーンに代表される、音楽と絵の見事な調和。朝陽が昇ることの絶望、生きていることの絶望、ご飯を食べることの絶望。そのどれもが美しい。 青春の終わりと絶望の美しさを本作に観ました。

関連する記事

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」に関連する作品