ラスト・クリスマス

ラスト・クリスマス

Last Christmas
2019年製作 アメリカ 103分 2019年12月6日上映
rating 3.5 3.5
2 2

『ラスト・クリスマス』とは

1984年の発売以来、毎年クリスマスには世界中で流れる「ワム!」の名曲「ラスト・クリスマス」から生まれたロマンチック・コメディ。様々な問題を抱えながらクリスマスショップで働くケイトの前に不思議な青年トムが現れ、ケイトの問題を解決に導く。 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のキーラ役を演じたエミリア・クラークと、『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディングが主演。原案および脚本は『いつか晴れた日』でアカデミー脚色賞を受賞したエマ・トンプソン。監督は『シンプル・フェイバー』のポール・フェイグが務める。

『ラスト・クリスマス』のあらすじ

ケイトは歌手志望だがなかなか芽が出ず、ロンドンのクリスマスショップで働いている。愛に溢れたきらびやかな店内で妖精の格好をして働くも、気分が乗らず、乱れがちな私生活を送っていた。 そんなある日、不思議な青年トムが彼女の前に現れる。トムはケイトが抱える問題を見抜いては答えを導き出す。ケイトとトムは次第に親しくなりケイトは彼に惹かれ始めるのだが、その距離はなかなか縮まらない。偶然のように出会った二人だが、それは偶然ではなかった。トムはなぜケイトの前に現れたのか?トムの秘密が明らかになった時、クリスマスの奇跡が起こる。

『ラスト・クリスマス』のスタッフ・キャスト

『ラスト・クリスマス』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 1月3日

    ジョージ・マイケル、クリスマス、ロンドンという、三題噺みたいなロマコメ。無責任に自堕落なヒロインが爽やかすぎるイケメンと出会うが、彼は何故会いたい時に会えないのか、何故目の前に現れたのか。 本名カタリナでなくケイトと名乗る彼女は旧ユーゴ(クロアチア系)移民。祖国を離れた家族はそれぞれ異なる事情があり、ぎくしゃくした関係だ。映画は冒頭のスピーディな畳み掛けからテーマ曲“ラスト・クリスマス”にきっちりと沿った上で、今の英国を反映し様々な要素を盛り込んである。でも今ならこのくらいが標準装備かもしれない。そしてクリスマス映画らしく、ちょっとディケンズ『クリスマス・キャロル』風に導かれる寛容、助け合い、幸運の分配。 またしても八の字眉毛で漫画みたいにオーバーリアクションするエミリア・クラーク。とはいえ、ヘンリー・ゴールディングもそれに応じて踊ったりお茶目な仕草で愛嬌を振りまくので2人は微笑ましい相性。彼はまるっきりマニック・ピクシー・ドリーム・ボーイだけど、何せ正にそういう設定だしな。むしろもっとマニック・ピクシー・ドリーム・ボーイなのは、ミシェル・ヨーのお相手“ボーイ”だった。 ケイトが「自分に責任を持つ」ように変わるのは、『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』と似た方向性のセルフケア。自暴自棄になって人間関係どうでもよくなっちゃう…ってありがちだし、それも非寛容の遠因なのかもしれない。情けは人の為ならず。 そんな脚本も兼ねたエマ・トンプソンは非ネイティヴ英語を喋り面倒臭い母親役でやっぱり巧いし好き。クリスマス過ぎてやっと観たけど、歳末にもぴったり。『パディントン』のようなナイスコア、善意を尊ぶ映画だし、みんなで歌って踊るフィナーレには弱いんだ。あ、「ブリティッシュ・ベイクオフ」のスーがオーディション審査員で出てたよね?

『ラスト・クリスマス』に関連する作品