宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編

2017年製作 日本 50分 2017年2月25日上映
rating 3 3
1 0

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』とは

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』は、1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに新しく製作された『宇宙戦艦ヤマト2199』のその後を描いた物語である。眠っていた宇宙戦艦ヤマトに古代進をはじめとする旧ヤマトのクルー達は再集結しつつ、それぞれに動き出す姿を描いている。監督を務めたのは、『蒼穹のファフナー』や『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』でディレクターだった羽原信義。製作総指揮は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』でエグゼクティブプロデューサーだった西﨑彰司。キャラクターデザインは『宇宙戦艦ヤマト2199』で作画、総作画監督も務めた結城信輝だ。キャストは小野大輔をはじめとする前作までの出演者たちが続投している。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』のあらすじ

宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルから地球へ戻ってきて三年。敵だったガミラスは地球の同盟国となり、地球防衛軍とガミラス艦隊で新たな敵ガトランティス艦隊と戦っていた。宇宙戦艦ヤマトの戦術長だった古代進はゆうなぎ艦隊で艦長をしていた。しかしガトランティスの大戦艦に苦戦を強いられていた地球防衛軍は、密かに計画していたプランAを実行する事に。なんとそれは、新アンドロメダ艦隊に搭載されていた拡散波動砲攻撃であった。それを見た古代進は自然と苦しい表情になる。波動砲コアを地球へ与えてくれたイスカンダルの王女スターシャ、地球を助けてくれた彼女が言ったのは、もう波動砲を兵器として使用するのはやめてほしいという言葉であった。しかし、しぶとく生き残ったガトランティス艦隊は、行き先を地球へと向けてワープをしてくる。そのまま猛スピードで地球の本部に突撃しようとしていたのだ。そこでかつて副艦長であった真田の決意により、三年の時を眠っていた宇宙戦艦ヤマトは、再び錨を起こすのであった。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』のスタッフ・キャスト

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢編』に関連する作品