新 影の軍団III 地雷火

新 影の軍団III 地雷火

2003年製作 日本 90分 2003年9月20日上映
rating 0 -
0 0

『新 影の軍団III 地雷火』とは

連続テレビドラマ放送された人気忍者シリーズ『影の軍団』(1980年~1985年)を、18年ぶりに続編として劇場映画化した第三作目。服部半蔵を演じるのは、テレビドラマ版と同じく千葉真一。主要キャストは前作に引き続き、松方弘樹、高野八誠、山口祥行、船木誠勝、金子昇が登場する。そして、本作の出演者には『長崎ぶらぶら節』(2000年)の勝野洋、『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』(2002年)の市瀬秀和、『ろくでなしBLUES』(1996年)の小沢真珠らを迎えた。

『新 影の軍団III 地雷火』のあらすじ

徳川家康は豊臣秀頼の元へ孫娘・千姫を嫁がせた。しかし、千姫の命を猿飛佐助(松方弘樹)の命令で何者かが狙っていたのだ。それを聞いた服部半蔵(千葉真一)は、急いで佐助の企みを阻止しようと影の軍団に命じる。ところが、そこには疾風(山口祥行)と妖騎(高野八誠)は居らず、話を聞くと伊賀の残党たちは半蔵の元に向かう途中に風魔忍者の襲撃に合い討ち死にしたという。そこで半蔵は、伊賀の残党の一人であった山賊の烏丸(金子昇)を探し、任務に加えるのであった。しかし、その一方で影の軍団らの任務を妨害しようとする者たちがいたのだ。一族の仇を討とうと風魔忍者の残党である雪乃丈(唐渡亮)は半蔵に恨みを持っていた根来衆と手を組み、影の軍団の前に立ちはだかる。果たして、影の軍団は無事任務を遂行することができるのだろうか……。

『新 影の軍団III 地雷火』のスタッフ・キャスト

『新 影の軍団III 地雷火』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『新 影の軍団III 地雷火』に関連する作品