最終兵器彼女

最終兵器彼女

2006年製作 日本 120分 2006年1月28日上映
rating 1.7 1.7
17 0

『最終兵器彼女』とは

原作は高橋しんの同名人気漫画。ビッグコミックスピリッツにて2000年1月から2001年10月まで連載された。単行本は全7巻刊行されており、総発行部数350万部を記録するヒット作だ。極限の状況の中で、懸命に恋をしながら生きる高校生の姿を描く。ドジで気弱なちせを『バトル・ロワイアル』『水に棲む花』の前田亜季が、無愛想だが心優しいシュウジを『ビターコーヒーライフ』『野のなななのか』の窪塚俊介が演じている。

『最終兵器彼女』のあらすじ

シュウジとちせは北海道・小樽の高校に通うクラスメート。ちせからの突然の告白で付き合うことになった二人だったが、お互いどこかぎこちない。しかし、交換日記を行うことで少しずつ距離を縮めていく。ある日、シュウジは友人のアツシとアケミと一緒に札幌に出かける。そこで突如無数の爆撃機が襲来し、街は瓦礫と化す。現実感の沸かない光景に戸惑うシュウジ。危機一髪のところで、「何か」に救われる。それは、背中から鋼鉄の羽を生やしたちせだった。「ごめんね、シュウちゃん」改造されたちせは、戦えば戦うほど進化を遂げる最終兵器となっていた。

『最終兵器彼女』のスタッフ・キャスト

『最終兵器彼女』の感想・評価・ネタバレ

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 0 2017年4月23日

    ファンを侮辱するのもいい加減にしろ

  • えいじ
    えいじ 1 2015年7月23日

    原作漫画好きで観てみましたが、やっちゃいましたね、、、 ここまでの劣化は珍しい、漫画自体は7巻までだけどとても内容の濃いものなのでそりゃね、2時間じゃ厳しい 貫地谷しほりさんがとても若いです、今の演技見ると凄い上手くなったんですね

  • TM

    ロークオリティすぎて原作の冒涜ほかならない。

『最終兵器彼女』に関連する作品