×ゲーム(バツゲーム)

×ゲーム(バツゲーム)

作品情報

日本劇場公開日 2010年9月18日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
時々観たくなるB級以下邦画サスペンス。若者たちが閉じ込められる系だとやはり山田悠介原作ですね。そして軒並み低評価。今作もその例に漏れず、もしかすると一番ひどいかもしれません。
昔いじめた女の子がいじめっこに同じいじめでもってして復讐するというお話。シチュエーション・スリラーのくせにシチュエーションに入る前にたっぷり30分ほど場面説明があります。どこなの、から始まるワクワク感は皆無と言えます。さらにサディスティックな欲望を満たす上で必須であるバツゲームの描写が甘い。苦手な人には厳しいレベルに気持ち悪いですが、むしろそれに期待する方にとっては物足りない。なぜポップな展開にしたのか不明。どの層を狙ったのでしょうか。
役のキャラクターもひどいです。ひどいストレス下に置かれるのはわかりますが、この画一化された感情の失われ方はどうしたものでしょうか。説明的な駆け引き。さらにストーリーもひどい。穴がひどい。原作もひどいのでしょうか。でも続きがあるので観るんですよね。
repofbgの感想・評価
グロい
1sh1gの感想・評価
時間の無駄でした
ciatrをフォロー: