ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編

作品情報

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

toraの感想・評価
先日観た二部作の後編。逃亡先のカナダから舞い戻り再び銀行強盗、逮捕、脱獄とスリリングな展開が続きます。ヴァンサン・カッセル演ずるメスリーヌは相変わらずの傍若無人ぶりを発揮し、その都度相棒がついて行けなくなり時系列でどんどん変わっていくのですが、最後の相棒はジェラール・ランヴァン!渋い…
後編の見所の一つにヴァンドーム?のショパールで恋人と宝飾を買い漁るシーンがあるのですが登場する宝飾や二人が美しくとても印象的でした。破滅に至る前の最後の絶頂を表現するに申し分ないシークエンス。
最期は史実に基づいているので凄惨な形で終わるのですが、社会悪を貫いた漢の生き様にある意味相応しい終焉だったように感じます。ホント見応えありました。
nukumizの感想・評価
1の途中からだったが、こんなに心を揺さぶられた映画は久々。なにか、初めての感覚ばかりだった。
とりあえず周りにすすめまくった。アメリとなんちゃらに続く、3本目のフランス映画。
実話に基づいてる超大作サスペンス(でいいのか?)
これほんとにすごかった。もっかい、1から全部ぶっ通しで観たい。
ciatrをフォロー: