天使のはらわた 赤い教室

天使のはらわた 赤い教室

作品情報

日本劇場公開日 1979年1月16日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
数ある日活ロマンポルノの中でも最も有名な一本とされる映画。成人誌出版社に勤めるカメラマンがとあるビデオ映像で出会った女性に恋をします。運命の下り坂を転げ落ちる女性に惹かれた男が何とか救おうとするものの、見事にすれ違います。退廃的な女性の魅力というのでしょうか、開き直っていた女性が最後の見せる表情には注目です。
本作は女優の可愛さ、もそうですが蟹江敬三の演技に見惚れてしまいます。男がなぜ女に惚れたのか説明はなされていませんが、蟹江敬三のその表情に答えが隠れているような気がします。『赤い淫画』と同じく女性が望みもしないビデオに出演するというのは同じですが、こちらは心情描写に寄っていたような気がします。ポルノ映画なのにこんなにしっとりと表情を見せる映画があるでしょうか。ただ、個人的には映像的テクニックにパワーが込められた『赤い淫画』の方が好きです。
bonkuraman69の感想・評価
あったので!
傑作です。大好きです。
Qua_moonの感想・評価
ラスト素晴らしい!堕ちていくヒロインの殺伐とした色気素晴らしい!恋の罪のミツコはこういうところからインスピレーション受けてるのかなと勝手に想像。ポルノを馬鹿にするつもりはないけど、「ポルノなのにこの素敵なストーリー!」と感動してしまった。蟹江敬三さん、素晴らしい演技。
ciatrをフォロー: