アーロと少年

アーロと少年

作品情報

原題 The Good Dinosaur
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年3月12日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tremolo779の感想・評価
もしも地球に隕石が落ちてこなくて、恐竜が絶滅しなかったら...?っていう仮定のお話。
この映画の良かった部分は、とにかく映像が綺麗だったこと。
文明がほとんどない原始的な世界の話だから、背景の描写が凄くリアルなのは見応えがあった。
ただ、背景がリアルな分、やたらアニメチックな恐竜の見た目に凄い違和感が出ちゃったのは残念なところ。
ストーリーがなんとなくライオンキングと被ってて、この作品だから!っていう見所を感じなかったのと、
2人の幻覚のシーンもあれを入れる意味が分からなかった。
なにより、監督の意図もあるのかもしれないけど、恐竜が知的で人間が野生的で、恐竜のペットみたいに扱われている描写が不快だった。
(まぁそれも人間のエゴなのかもしれないけど)
ピクサー作品の中では正直イマイチだったなぁ。
chaso1203の感想・評価
泣いた。
matzsaraの感想・評価
同じ映画館にいた幼稚園児くらい子が咽びないてた。父がアーロを迎えにきてくれたシーンとその後の展開が心に刺さったんだと思う。…ディズニーはすごいな、小さい子にもそういう感情を伝える力がある
ciatrをフォロー: