リップヴァンウィンクルの花嫁

リップヴァンウィンクルの花嫁

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年3月26日
製作国 日本
上映時間 180分

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

新着感想・ネタバレ

toshibakuonの感想・評価
岩井俊二らしい撮り方だな。3時間という長さにもかかわらずいろんな要素が含まれていて飽きないし騙されて落ちていくけど絶望だけでは終わらない。幸薄い役柄に黒木華はピッタリだった。世の中のほとんどの人はちょっとした事であっという間に人生が崩壊してしまうという恐ろしさと同時にずっと持っていたい人を信じる心。
southpumpkinの感想・評価
岩井俊二監督のネクストミューズとして選ばれた黒木華がこれでもかと岩井俊二ワールドにハマった作品。蒼井優からハツラツさをごっそり抜き去ったような雰囲気でどこにでもいそうな20代の女性を演じています。
なんとなく出会った男とそのまま結婚してミスった女が、どん底に落ちた後でいわゆる岩井俊二的青春と幸せに出会うお話。前半は現代社会の闇に吸い込まれていく女が描かれますが、映画のテーマはそこではありません。騙されやすい少女がそのまま成長したような女にでも得られる幸せはどこにでも転がっているということです。
ここで黒木華が非常に良い働きをします。幸の薄い20代女性を演じさせたら右に出る者はいないでしょう。そんな女が後半からキラキラと輝きだします。その無垢な笑顔にこの映画のテーマが垣間見える。つまり黒木華が素敵だなあ、と思うことこそがこの映画のテーマの言いかえなのです。これはまさに『花とアリス』でやったことと同じ。これはもうほとんど『花とアリス』の続編、大人編でよいと思います。
さすが大人編、岩井俊二らしくないAVの話が出てきますが、これが全然いやらしく聞こえない。黒木華が「3P!」と言うシーンもあるのですが、どこか愛らしさすら感じるのです。黒木華に「3P!」と言わせる天才、岩井俊二の過去作品をもうちょっと観たくなってきました。
nanaco_0516の感想・評価
出演者の演技力の高さと、ストーリーがあって良かった。あっという間に時間が過ぎた映画は久しぶりだったような。

こんな出来事がこの世界のどこかで起きてるんじゃないか、と思わされる。SNS、離婚、怪しい仕事、片隅にあるんじゃないかなって。日常に起こりそうなことだと思えた。
演者の演技が自然体だから目が離せない、最後まで飽きない映画だった。
ciatrをフォロー: