獣は月夜に夢を見る

獣は月夜に夢を見る

作品情報

原題 NÅR DYRENE DRØMMER / WHEN ANIMALS DREAM
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年4月16日
製作国 デンマーク・フランス
上映時間 85分
ジャンル スリラー>ミステリー

あらすじ

美しい海岸沿いの小さな村で、父と病気の母と暮らすマリー。 父は母の病のことは何も教えてくれない。村の住人は車椅子の母を恐れ、マリーには懐疑的な眼差しをぶつけてくるが、彼女はそれがどういう理由から来るものなのか知らなかった―。ある日、マリーは職場で出会ったダニエルに恋をする。孤独を抱える二人は徐々に惹かれ合うが、時を同じくしてマリーは身体に奇妙な変化を感じ始める。その感覚は強まり、次第にコントロールできなくなっていく。身体の異変と母の病気について調べ始めるマリーだったが、そこには決して抗えない哀しい秘密が隠されていた…。全てが明らかになった時、愛し合う二人が下した衝撃の決断とはー。

新着感想・ネタバレ

Satoko_Suzukiの感想・評価
2016/06/17
閉鎖的な海辺の街で暮らす、3人の家族。原因不明の病気の母を看病する娘にも、不可解な体の変化が現れて、、、。という、ミステリーなのですが、もういかにも北欧の寂れた田舎、と言った風情の土地自体が主人公なのでは!?って感じの、印象に残るロケーションでした。
一番印象に残ったのは、お父さん役が、BBCドラマ「シャーロック」のマグヌッセンの俳優、ラース・ミケルセン。全然知らずに観にいったので「あ!」ってなって、さすがの演技に「うーん、すごい」と唸りつつ最後まで観れました。

なかなかメジャーでは難しそうな映画でしたが、「ぼくのエリ、200歳の少女」とか「ビザンチウム」なんかが好きな方は、まあまあ楽しめると思います。
Maaaaaaboouの感想・評価
北欧ホラー?ミステリー?ということで、なかなかの映像美を楽しめた。
監督はダンサーインザダークなどの美術を担当していた方だそう。
単純に北欧系に興味がある方は、楽しめるかも。
ciatrをフォロー: