僕だけがいない街

僕だけがいない街

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年3月19日
製作国 日本
上映時間 120分
ジャンル SF・ファンタジー>SF

あらすじ

事件を止めなければ、時間が巻き戻り続ける〈リバイバル〉という現象に巻き込まれた男。大切な人を守るため行きついた先は、18年前の世界だった――。売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

新着感想・ネタバレ

Yamanaka__Akiraの感想・評価
設定が好きな部類の映画だったので楽しめました。終わりかたもよかったです。藤原竜也の演技はいつも通りな感じです。過去と現在の繋がりがもっと緻密に描いてあればなおよかった。
EllyMimyの感想・評価
藤原竜也さん大活躍!
現在の悲惨な出来事を止める為に、その都度過去にタイムスリップしてしまう主人公。
タイムスリップと言っても現在の大人の姿ではなく、容姿はその時代の子供の姿で、中身は現在の大人のまま。
そんなもどかしい中、主人公は大奮闘。
運命を変える為に必死になるのですが、コレがなかなかうまくいかない。

途中で悪玉が誰か気づいてしまいましたが(多分皆さんわかると思います)なかなか見応えがありました。

原作とは終わり方がだいぶ異なるようで、気になって原作のネタバレを読んだのですが、確かに違い過ぎ!どちらが良いのかは人により感想が異なることでしょう。
gonbe73の感想・評価
2017/01/18
2時間とは思えないほど長く感じたのなんでだ。別につまらないわけじゃなくアニメとの比較しかできないけどうまくストーリーがまとまってた。
なのにあのハラハラドキドキ感がなかった。犯人知っちゃってるからなのかな。それにしても最後の追い詰めるとこもなんかあんまりだった。
有村架純は可愛かった。
ciatrをフォロー: