ジェイソン・ボーン

ジェイソン・ボーン

作品情報

原題 Jason Bourne
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月7日
製作国 アメリカ
上映時間 123分
ジャンル アクション

あらすじ

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、世間から姿を消して生活していたボーンの元に、CIA の元同僚であるニッキ―(ジュリア・スタイルズ)が現れる。 彼女は、「CIA が世界中の情報を監視・操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したという」という情報を告げ、さらにボーンの過去にまつわる「衝撃的な真実」を明かす。そしてその真実は、新たな戦いの始まりを意味していた―。 ボーンは再び姿を現すこととなり、追跡を任された CIA エージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼が最も求めているものを提供すれば、再び CIA 側に取り込めるのではないかと考え始める。 しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた...。

新着感想・ネタバレ

okdkstmpの感想・評価
強すぎて笑うしかない。
sinsi929の感想・評価


マット・デイモン主演の人気アクションシリーズの第4作目(ジェレミー・レナー主演のスピンオフを含むと5作目)

前3部作で一応の完結となっていましたが、新たな「事実」が発覚し、ボーンが再び戦いに身を投じていく様が描かれています

スピード感のあるカメラワークと洗練されたアクションは健在で前作のファンなら絶対に楽しめる作品になっています

クライマックスのカーチェイスは死人が出てるんじゃないかというほどリアル過ぎて、その迫力に圧倒されました

内容の複雑さとセリフの多さも健在なので、鑑賞する時はしっかり目が覚めた状態で挑みましょう
southpumpkinの感想・評価
シリーズ5作目(ということにしておく)となる本作ではマット・デイモンがカムバック。シリーズ常連の愛されニッキーが偶然仕入れた情報をボーンに知らせるため、接触を試みたことからボーンが再始動します。1は「なぜだかわからないがとにかく強い俺…」という映画で、2,3はなぜ強いのかわかった上に全てが暴かれました。本作は「実はまだ秘密があって…」といういくらでもできる後出しジャンケンをやられたような印象で、ここはイマイチ。ボーンが重い腰をあげる理由に見えないのが残念です。
ですが、例のお決まり逃亡構図(全ての情報にアクセスし大量の人員を操ることのできるCIAvsジェイソン・ボーン)は守られています。ギリシャの人混みは2を思わせるし、面白いのがロンドンの追いかけっこ。ビキャンデルとトミーリージョーンズという追う側にも二種類あり、複雑さを楽しむことができます。アクションシーンも見事です。むちゃくちゃをやることでおなじみのカーアクションも2,3に比べてかなり観易かったかな。
物語として大きな加点はないが、アクションシーンは超一級なので、動体視力に自信のある方はぜひトライしてみてください。
ヴァンサン・カッセルが結構良い役で出演してるの知りませんでした。このポジションの存在が、すっかりなかったことになってしまった4をちらつかせているということなのでしょうか。
ciatrをフォロー: