はだしのゲン

はだしのゲン

rating 3.8 3.8
4 0

『はだしのゲン』とは

原作者である中沢啓治が実際に体験したことを元に描かれた戦争漫画『はだしのゲン』のアニメーション映画化作品。監督は漫画家としても活躍する真崎守、脚本・製作者は中沢啓治、制作は数々のアニメーション作品を世に送り出しているマッドハウスが務めた。 主人公・中岡ゲンの声は、収録当時はゲンと同い年であり、後に『あずきちゃん』や『かみちゅ!』などで活躍した宮崎一成が担当している。 実写や漫画では伝えきれない原爆の実情をアニメーションで描きたいと考え、中沢啓治自身が私財を投じて作られた作品である。

『はだしのゲン』のあらすじ

舞台は1945年の広島、主人公の中岡ゲンは国民学校の2年生。ゲンの父親である中岡大吉が戦争を批判したことをきっかけに、ゲンは「非国民の子」と言われていた。 そんな8月6日、広島に原子爆弾が投下される。このときに父・大吉、姉、弟を失う。3人が亡くなったことがショックで、妊娠していた母・中岡君江は早産。生まれた子は友子と名付けられた。 原爆が投下されてからも家族と日々を一生懸命生きるゲン。途中で出会う弟似の戦争孤児・近藤隆太を迎え、原爆で全身火傷状態となった吉田政二の看病をしながら、生活を送っているが……。

『はだしのゲン』のスタッフ・キャスト

『はだしのゲン』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『はだしのゲン』に関連する作品