ゴーン・ガール

ゴーン・ガール

Gone Girl
2014年製作 アメリカ 148分 2014年12月12日上映
rating 3.8 3.8
1014 320

『ゴーン・ガール』のあらすじ

結婚5周年の記念日。誰もが羨むような幸せな結婚生活を送っていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。リビングには争った後があり、キッチンからは大量のエイミーの血痕が発見された。警察は他殺と失踪の両方の可能性を探るが、次第にアリバイが不自然な夫ニックへ疑いの目を向けていく。新妻失踪事件によってミズーリ州の田舎町に全米の注目が集まり、暴走するメディアによってカップルの隠された素性が暴かれ、やがて、事件は思いもよらない展開を見せていく。完璧な妻エイミーにいったい何が起きたのか…。

『ゴーン・ガール』のスタッフ・キャスト

『ゴーン・ガール』の感想・評価・ネタバレ

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 3 2月8日

    怖すぎる…。エイミーも怖いけどあのテレビ番組がヤバい。

  • kjhyk

    女怖すぎ

  • エミデブ
    エミデブ 4 2017年9月8日

    いやぁ、面白かった! こんなサスペンスをもっともっと観たいなぁ。映像やセリフ、演技、全てに目が釘付けになって次の展開を渇望しながら観ていた。それが本当に上手い!同じストーリーでも見せ方によってかなり大きく左右されるだろう。完璧(アメイジング)なエイミーが全てを手中に収めるように、視聴者もまた監督の手の中で踊らされているように思う。 お互いにライターとして活動している夫婦の5回目の結婚記念日。夫のニックは家に帰ると、そこは荒らされ、妻エイミーの姿はなかった。妻を探そうと尽力するが、警察や世間からはニック本人が犯人だと疑われ始める。 冒頭のシーンの緊張感から、この物語がどんな展開を迎えていくのか目が離せない。意味ありげに日記を元に振り返る過去の出来事と現在の群像劇かと思えば、中盤で犯人(ネタバレ防止のために一応そう書きますね)の真の姿が描かれて、そこからは全く先の読めない展開になっていく。 もちろん、後味の悪いといった感想はあるだろうけど、個人的にはそのぶん全力で揺さぶられる映画だと思った。 サイコパスの映画としては黒い家にも近い感じがあった。僕は恋愛対象が男だから蚊帳の外だけど、結婚ってかなり大変そうだね。特に女の人を怒らせると怖いという教訓にはなるだろうし、これを観てフェミニストがより一層増えそうだ。どうか結婚を控える相手と一緒にこの映画を観ないことだね。 僕の人生には今の所「こいつサイコパスっぽいな〜」と思う人が2人いるがどちらも全くこんな感じです。

『ゴーン・ガール』に関連する作品