男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎

1981年製作 日本 104分 1981年8月8日上映
rating 2.8 2.8
4 0

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』とは

大阪を舞台に寅次郎と芸者との恋を描く、『男はつらいよ』の映画シリーズ第27作目。主な製作スタッフとキャストは前作と同様。マドンナ役は、『配達されない三通の手紙』(1979年)の松坂慶子。浪花色の強いゲスト出演には、『裸の大将放浪記』(1981年)で山下清を演じた蘆屋雁之助、かしまし娘の庄司照枝と花江、笑福亭松鶴を迎える。そして、本作より諏訪満男役を中村はやとに代わり、『八つ墓村』(1977年)の吉岡秀隆が演じる。

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』のあらすじ

“フーテンの寅”こと車寅次郎(渥美清)は瀬戸内海の島で大阪の芸者である浜田ふみ(松坂慶子)と出会う。それから、大阪の新世界に辿り着いた寅次郎は偶然再会するのであった。数日後、『とらや』に寅次郎から“大阪でふみと楽しくやっている”と手紙が届く。そんなある日、ふみには生き別れの弟の秀男がいることを聞き、寅次郎の勧めで弟を探すことにした。しかし、勤め先から秀男は病死していた事を知る。悲しみに暮れているふみに、慰めの言葉を掛けられない寅次郎。そして、ふみは手紙を置いて姿を消してしまうのであった。しばらくして、故郷である葛飾柴又に戻った寅次郎の元へふみが突然姿を現したのだが......。

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』に関連する作品