エクソダス:神と王

エクソダス:神と王

Exodus: Gods and Kings
2014年製作 アメリカ 150分 2015年1月30日上映
rating 3.2 3.2
93 16

『エクソダス:神と王』とは

『グラディエーター』、『プロメテウス』など数々のヒット作を手掛けてきた巨匠・リドリー・スコット監督が魅せる大迫力の歴史スペクタクル映画。紀元前1300年代のエジプトを舞台に、旧約聖書の出エジプト記に記されているモーゼの活躍と運命を描いた作品。主人公モーゼを『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが熱演。『華麗なるギャッツビー』のジョエル・エドガードンなど実力派の俳優も大勢出演している。

『エクソダス:神と王』のあらすじ

1300年代のエジプト。赤子だったモーゼは、ファラオが出したヘブライ人の男児を殺せという命により川に流されてしまったが、王女に拾われ王子ラムセスの兄弟のように育てられる。ラムセスとともに成長していったモーゼは、戦で活躍し、ファラオからも可愛がられ、地位を高めていた。 ある時ピトムに視察に行ったモーゼは、ヌンから自身がヘブライ人である事、母によって川に流された事を聞かされる。王位を継いだラムセスはその事実を知りモーゼを追放する。 そんなある日、モーゼは神と出会い啓示を受ける.…..。

『エクソダス:神と王』のスタッフ・キャスト

『エクソダス:神と王』の感想・評価・ネタバレ

『エクソダス:神と王』に関連する作品