セッション

セッション

Whiplash
2014年製作 アメリカ 107分 2015年4月17日上映
rating 4.1 4.1
700 239

『セッション』とは

ジャズ・ドラマーとして成功することを夢見て名門音楽院に入学した19歳の若者と、天才を生み出すことに人生を捧げた鬼教師の狂気のレッスンを描いたヒューマンドラマである。監督・脚本は『グランドピアノ 狙われた黒鍵』『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』などの脚本を担当したデイミアン・チャゼル。出演は『21オーバー 最初の二日酔い』のマイルズ・テラー、『スティーブ・ジョブズ』のジェイ・ケイ・シモンズ。監督デイミアン・チャゼルの高校時代の体験を基に、生徒と教師の情熱あふれるやりとりを描き出した佳作である。鬼教師役のベテラン俳優ジェイ・ケイ・シモンズの怪演が見所である。第87回アカデミー賞ではシモンズの演技が評価されて助演男優賞に輝き、編集賞と録音賞も受賞した。ほか第30回サンダンス映画祭のグランプリと観客賞受賞を始め、世界各国の映画祭で高く評価された作品である。

『セッション』のあらすじ

19歳のアンドリュー・ニーマンはジャズ・ドラマーとして成功するという野心を持った青年。彼は全米でも屈指の名門校シェイファー音楽院に入学し、なんとかフレッチャー教授の目に留まりたいと考えていたのだ。フレッチャー教授が指揮する「スタジオ・バンド」に入れば、成功は約束されたも同然だからである。そんなある日、一人で練習するニーマンの前にフレッチャー教授が現れるが、数秒聴いただけで立ち去ってしまうのだった。その数日後、ニーマンのバンドが行っていたレッスンに現れたフレッチャーは、バンドメンバー全員の音をチェックすると、主奏者のライアンを差し置き、ニーマンだけを自分のバンドに移籍させるよう命じるのだった。異様な緊張感に包まれた教室でレッスンが始まった……。

『セッション』のスタッフ・キャスト

『セッション』の感想・評価・ネタバレ

  • Bee
    Bee 3 11月3日

    狂ってる。 サイコパス。 ただ吹奏楽部だったので、音がぴたっとハマった時の高揚はわかる気がした。

  • まつり
    まつり 3 8月5日

    稀有な作品だと思う。 鬼教師フレッチャー。彼の狂気が一人の青年の人生を塗り替えていく。みるみる広がるシミみたい。 フレッチャーが教育論に似せた持論を披露するシーンがあるけど、反吐が出る。育て方が選べるような器用さがフレッチャーにあるとも思えない。「これが熟考した結果ベストなやり方」みたいな言い方をしてるが、その実「これしかできない」だけだろう。だから反省もしない。誰かの人生を滅茶苦茶にしたって、平然と「俺はベストをつくした」と口にする。ベストじゃない、考えても浮かばない…やり方の選択肢がないだけだろ。 その不幸な思考を「これこそ至高の道」と前途有望な青年に押し付ける。傲慢。反省をしない人間が反省をしろと怒鳴る。何のジョークだよ。 ラストがいいと評判だけど、私はうまく噛み合わなかった。たぶん、大いに自分の実体験からくる感想なんだけど。フレッチャーみたいなやつは、本当に根の根からコテンパンにしてやってほしい。あれ、あのあと「やっぱり俺様の教育がよかった」とか言い出すよ。そんなこと思わせてたまるか。反省しろ。お前はこの才能を殺そうとした…。本物なら挫けない?とりあえずお前はニセ指導者だから、本物に近づくな

  • こばやし
    こばやし 3 6月23日

    疲れたぁ〜ラスト

『セッション』に関連する作品