ガメラ対宇宙怪獣バイラス

ガメラ対宇宙怪獣バイラス

1968年製作 日本 72分 1968年3月20日上映
rating 3 3
1 0

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』とは

シリーズ第4作で監督の湯浅憲明と脚本の高橋二三のコンビが引き続き担当しているほか、撮影を新人の喜多崎晃が担当している。この作品から日本人と外国人の子供のコンビを主人公とし、子供たちの冒険譚を軸としながら、ガメラも子供の味方として悪役新怪獣と闘う姿が描かれている。 また本作から主題歌「ガメラマーチ」が使われおり、以後シリーズ共通の主題歌となっている。しかし同時に大映本社の営業不振から、製作予算はこの作品から大幅に減額され、湯浅監督らはいかに経費を抑えるかを考えた。そのためか、バイラスにコントロールされたガメラが破壊活動を行うシーンは、過去3作の特撮シーンを流用したものになっている。

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』のあらすじ

宇宙の彼方から地球の植民地化を企んでやって来たバイラス人は、侵略のために宇宙船を送り込んだが、地球を目前にして突如現れたガメラに破壊された。続いて派遣された宇宙船2号機はガメラの排除を目標にし、ガメラの過去の戦歴を調べ、ガメラが子供の味方であることを知る。 そのころ茅ヶ崎市海岸では日米ボーイスカウトがキャンプをしていたが、いたずらコンビの正夫とジムがバイラス人のスーパーキャッチ光線で宇宙船に捕らえられてしまった。2人を人質にされて手を出せないガメラに脳波コントロール装置がセットされ、ガメラはバイラス人に操られてしまう。バイラス人はガメラをコントロールして各地を破壊し、地球人に全面降伏を迫った。子供を人質にとられているため国連は降伏を選択する。 一方、宇宙船内の正夫とジムは、脳波コントロール装置とスーパーキャッチ光線のコイルを付け替えてガメラのコントロール装置を無力化してガメラを開放し、自分たちも脱出した。自由を取り戻したガメラは宇宙船を破壊し、追いつめられたバイラス人は分裂体を合体吸収し巨大化する。そして遂にガメラと宇宙怪獣バイラスとの激闘が始まった。

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』のスタッフ・キャスト

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』に関連する作品