アバウト・レイ 16歳の決断

アバウト・レイ 16歳の決断

ABOUT RAY
2015年製作 アメリカ 92分 2018年2月3日上映
rating 3.3 3.3
7 9

『アバウト・レイ 16歳の決断』のあらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」心も身体も、男の子として生きることをカミングアウトした主人公・レイ(エル・ファニング)。ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングなどをするレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、治療の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・そこで新たな家族の秘密が明らかにー! ぶつかり合って、傷つけ合っても、家族だから何度もでもやり直せる―。新しい時代の、新しい家族が、観る者に温かく大きな愛を惜しみなく分けてくれる、感動の物語の誕生です。

『アバウト・レイ 16歳の決断』のスタッフ・キャスト

『アバウト・レイ 16歳の決断』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    男の子になりたい主人公、娘の出生に関して秘密がある母親、レズビアンのおばあちゃん、どれも重すぎて、色々詰め込みすぎた感があるけど、良い終わり方だったと個人的に思う レイというより、レイのお母さんが主人公なんじゃないかって感じた

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2018年2月10日

    可愛い女の子の代名詞エルファニングが、男の子に…!そしてナオミワッツが美しかった。

『アバウト・レイ 16歳の決断』に関連する作品