スポットライト 世紀のスクープ

SPOTLIGHT
2015年 アメリカ 128分
rating 3.9 3.9
99 68

「スポットライト 世紀のスクープ」のあらすじ

2001年の夏、ボストン・グローブ紙に新しい編集局長のマーティ・バロンが着任する。マイアミからやってきたアウトサイダーのバロンは、地元出身の誰もがタブー視するカトリック教会の権威にひるまず、ある神父による性的虐待事件を詳しく掘り下げる方針を打ち出す。その担当を命じられたのは、独自の極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たち。デスクのウォルター"ロビー"ロビンソンをリーダーとするチームは、事件の被害者や弁護士らへの地道な取材を積み重ね、大勢の神父が同様の罪を犯しているおぞましい実態と、その背後に教会の隠蔽システムが存在する疑惑を探り当てる。やがて9.11同時多発テロ発生による一時中断を余儀なくされながらも、チームは一丸となって教会の罪を暴くために闘い続けるのだった・・・。

「スポットライト 世紀のスクープ」のスタッフ・キャスト

「スポットライト 世紀のスクープ」の感想・評価・ネタバレ

  • Sensyu_Kishimoto
    Sensyu_Kishimoto 4 4月5日

    @柏キネマ旬報シアター 聖職の世界、アメリカの宗教問題、ユダヤ教などへの偏見、、、いままでほとんど触れずに過ごしてきた問題があることに気づくことができた。

  • yukina151
    yukina151 4.5 3月28日

    衝撃的な作品。ラストシーンが一番インパクト強かったと思う。あれだけの犯罪者が聖職者として働いていた事実。本当に怖い。ストーリーも淡々としていて、でも観ていて全く飽きることのない、丁寧なつくりだった。面白いというと語弊があるかもしれないけど、興味深く見入ることのできる素晴らしい作品。

  • Kyohei_Fukuba
    Kyohei_Fukuba 4 2月9日

    マスコミ的なものは疑いの目をもって見ていたがこのような不正を暴く体当たり的なガッツのある人達もいるのだということを再確認した この事件のことを全く知らなかったがもちろん全ての司教が悪者ではないということも忘れてはならないですね

「スポットライト 世紀のスクープ」に関連する記事