アンフレンデッド

Unfriended
2014年 アメリカ 83分
rating 3.5 3.5
5 8

「アンフレンデッド」のあらすじ

泥酔したときの恥ずかしい動画がネット上にアップされ、それを苦に自殺してしまった女子高生ローラ・バーンズ(ヘザー・ソッサマン)。 事件から1年。彼女の友人の一人ブレア(シェリー・ヘニッヒ)とその彼氏ミッチ(モーゼス・ストーム)はSkypeで親密な会話をしていた。そこに友人たちからの着信があり、出てもいないのに勝手に繋がってしまう。不審に思いながらもブレアたちはSkypeに集い、他愛もない会話を交わしていた。しかし、その中に見知らぬアカウントが存在することに気付く。やがて死んだはずのローラのFacebookアカウントからブレアにメッセージが届く。「ブレア、何を見ているの?」ミッチとスカイプをする前にYouTubeで彼女の自殺した映像を見ていたのだった。 何度つなぎ直してもそのアカウントはSkypeのグループ通話に存在した。そのうちヴァル(コートニー・ハルヴァーソン)のFacebookに自分では投稿するはずのない恥ずかしい写真がアップされる。ジェス(レニー・オルステッド)の仕業と疑い、さらには書き込んでもいないコメントが投稿され、それをきっかけに彼女たちは険悪なムードになってしまう。正体不明のアカウントはローラ・バーンズとして話しかけてくる。誰もがアカウントの乗っ取りで悪質ないたずらだとその存在を信じなかったが、ローラの死にまつわる隠された嘘がPCスクリーン上で次々と暴露されていく。そして、そのひとつひとつが明かされる度に一人、また一人と謎の死を遂げていく。 ミッチがひとつのネット記事を送ってきていた。タイトルは「死者の問いかけに応えてはいけない」。SNS上で死者からの問いかけに応えてしまった彼女たち。果たして、ローラ・バーンズの呪いから逃れる術はあるのか─!?

「アンフレンデッド」のスタッフ・キャスト

「アンフレンデッド」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 4月26日

    仲良し高校生グループがSkypeでグループ通話している中に正体不明の通話参加者が。プロフィールには一年前自殺した友人の名前があって…。 全編パソコンの画面でやりとりされる革新的な映画です。様々な媒体(Skype、Message、Facebook、Instagram、YouTubeなどなど)を駆使して亡霊が接触をしてくるのです。僕も同じような状況で通話をしたことがあるのですが、通話中ふと自分の部屋の中を見回すと誰もおらず静まり返っているのに妙な不気味さを覚えます。そんな不気味さを見事に映像化している。まるで自分がパソコンを操作しているかのような没入感は非常に目新しく斬新です。ホラー映画の新規性が重きを置いて鑑賞しているので、本作はこのシチュエーションだけでも満足の作品なのです。加えて徐々に秘密を暴露される真実の胸糞悪さがグッド。『Saw』なんかをしこたま観て育って来たので、見えない敵の「それではゲームを始めよう。負けたら死だ」に無条件にワクワクしちゃうんですよね。

「アンフレンデッド」に関連する作品