神様メール

神様メール

LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT / THE BRAND NEW TESTAMENT
2015年製作 ベルギー・フランス・ルクセンブルク 115分 2016年5月27日上映
rating 3.3 3.3
35 25

『神様メール』のあらすじ

神様はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配している。ある日、神様の娘10歳のエアは人間に運命に縛られずに生きてほしいと思って、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送ったから、さあ大変! エアが大パニックな世界を救う旅にでると、彼女の小さくてヘンテコな奇跡は思いがけず人々のお悩みを解決していく。会社員は鳥を追い北極まで大冒険、殺し屋は不死身の美女にめぐりあい、主婦はゴリラと恋に落ち……皆、それぞれの生きがいを見つけていく。しかしエアが最後に出会ったウィリーは死期が迫っていて――。小さな奇跡たちが呼び起こす、神様のパソコンからの人類への[最高にハッピー]なメールとは?

『神様メール』のスタッフ・キャスト

『神様メール』の感想・評価・ネタバレ

  • Umyomyo
    Umyomyo 2 2018年9月9日

    正直あんまりなにが言いたいのかわからなかった。 ケビンにだけは笑った。 やっぱりそうなるよね… パソコンの製造者は誰なのかとか、そういう妄想の材料にはなった。 世界をデザインするセンスは圧倒的にパパが上。 あんな空嫌だ。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年12月5日

    神の娘が横暴な親に逆らって地上で仕返し!つまり実は(みんな薄々思ってる通り)神はとんでもないクソ野郎だった、こんなヤツに任せちゃいかん!という聖書のパロディ。侘しく孤独な使徒たちを集め、人類を如何に救うか…映画は弱者の視点で運命へのレジスタンスを謳う。ダークでブラックなユーモアは結構笑えないものがあるけど、とにかくシュールに突っ走るのがジャコ・ヴァン・ドルマル。ドラッギーでアナーキー。ベルギーといえばジャン・クロード・ヴァン・ダム、そして神の息子(イエス)のトボケた味が可笑しい。最後までナンセンスの極み。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2017年11月18日

    Netflix 2017/11/17 絶妙にツボな映画だった。 まず「神は最初にブリュッセルを創った」が出オチで笑った。使徒一行にゴリラが紛れてる絵面もつよい。 ハッピーエンドのようで、一神教(キリスト教?)至上主義というか、全てのものは人間のために作られたっていうのが前提にあるのがブラックでよい。すき

『神様メール』に関連する作品