覚悟はいいかそこの女子。

覚悟はいいかそこの女子。

2018年製作 日本 95分 2018年10月12日上映
rating 0 -
0 0

『覚悟はいいかそこの女子。』とは

椎葉ナナの少女漫画『覚悟はいいかそこの女子。』を原作に実写映画化。恋愛経験が全くないヘタレ男子が彼女を作るべく奮闘する様を描いた。 監督はテレビドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』や映画『片腕マシンガール』、『ヌイグルマーZ』でメガホンを取ってきた井口昇。主演は『今日のキラ君』、『坂道のアポロン』などに出演し、「監獄学園」では監督の井上とタッグを組んだ中川大志。ほか『ラブ×ドック』の唐田えりか、『クソ野郎と美しい世界』の健太郎、「仮面ライダー エグゼイド」シリーズの甲斐翔真、「ソロモンの偽証」の若林時英が出演する。

『覚悟はいいかそこの女子。』のあらすじ

幼い頃から常に女子に囲まれもてはやされていたイケメンの古谷斗和。自分はモテると思い込んでいたが、実は恋愛の経験が全くない非リア充だった。ある日、同級生に彼女ができ、観賞用男子と言われてしまう。そこで斗和は、とうとう彼女をつくることを宣言。学年で1番の人気者で、これまで多くの男子を振り続けてきた三輪美苑に告白することにする。 自信たっぷりで告白する斗和だったが、あっさりフラれてしまう。信じられない展開に現実を受け入れられない斗和は美苑へのアタックを続けるが、袖にされ続ける。しかし何度もアプローチを続ける中で、一見クールに見える美苑の優しさや人柄に触れ、生まれて初めての本気の恋に気付いていく。

『覚悟はいいかそこの女子。』のスタッフ・キャスト

『覚悟はいいかそこの女子。』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『覚悟はいいかそこの女子。』に関連する作品