聖の青春

2016年 日本 124分
rating 3.5 3.5
28 11

「聖の青春」のあらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖七段(松山ケンイチ)は、将棋七大タイトルの最高峰・「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居もした森師匠(リリー・フランキー)の元を離れて上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、優しく聖の背中を押した。  東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治(東出昌大)が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、王者・羽生を倒して「名人」になるため、一層将棋に没頭、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんなある日、聖の身体に癌が見つかる。「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」と医者は忠告するが、聖は頑なに将棋を指し続けると言う。だが、彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた。

「聖の青春」のスタッフ・キャスト

「聖の青春」の感想・評価・ネタバレ

  • toshibakuon
    toshibakuon 3.5 4月12日

    プロ棋士村山聖の生涯を切り取った映画で将棋好きや村山聖を知ってる人は普通に観るより状況や感情が入りやすいはず。息をすることさえ忘れてしまうプロ棋士同士の対局は命を削っても戦う価値のあるものなのだろう。才覚がありながら惜しくもこの世を去ってしまった村山だけど生きて入れば今も羽生善治と共に将棋界を背負っていたのは間違いないだろうな。松山ケンイチ、東出昌大の2人とも役作りは完璧で仕草までかなり研究したことだろう。

  • sucre0020
    sucre0020 2.5 4月1日

    原作とはちょっと違った

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 3.5 2月3日

    何かにひたむきに生きるということは尊敬に値する 役者みな名演(東出さんはあまり好きでなかったけれどもハマリ役)

「聖の青春」に関連する記事