ジェーン

ジェーン

Jane Got a Gun
2016年製作 アメリカ 98分 2016年10月22日上映
rating 3.8 3.8
5 10

『ジェーン』とは

『ジェーン』は、『レオン』、『ブラック・スワン』などで知られる、ナタリー・ポートマンが主演と制作を務めた西部劇。監督を務めるのは『ザ・コンサルタント』のギャビン・オコナー。 脚本と原案は、『ダイバージェンとNEO』のブライアン・ダフィールドが担当している。共演者には、『トレインスポッティング』シリーズ、『ゴーストライター』、『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガーをはじめ、『トゥルーマン・ショー』のノア・エメリッヒ、『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガードンらが名を連ねている。

『ジェーン』のあらすじ

南北戦争直後のニューメキシコ周辺のアメリカ西部の荒野で、ジェーンは夫のハムと娘と共に穏やかな日々を過ごしていた。しかしある日、悪名高いビショップ一家の首領ビショップによってハムが撃たれてしまう事件が起こる。 瀕死の重傷を負って家へと帰るハムだったが、ビショップは狙った獲物は逃がさないと名高い男だった。ジェーンは家に帰ってきたハム、そして娘をビショップから守るため、南北戦争の英雄でかつての恋人・ダンに藁をもすがる思いで助けを求める事に。徐々に敵が迫ってくる中、それぞれの過去が少しずつ明らかになっていく。そしてジェーンは、愛のために銃を取り、戦うことを決意する。

『ジェーン』のスタッフ・キャスト

『ジェーン』の感想・評価・ネタバレ

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年11月5日

     西部劇映画。お尋ね者の一味だった男と結婚したジェーン。しかし、彼女には 南北戦争に出兵した元カレがいた。その彼は、行方が知れなかったため、今の男と一緒になったのだった。しかし、お尋ね者の夫はそのボスに睨まれ、殺されてしまう。ジェーンは娘を守るため元カレに助けを求めるが、相手にされない。自分で銃を取って守ろうとする。(#16- 148)

『ジェーン』に関連する作品