ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
2017年製作 日本 125分 2017年11月3日上映
rating 3.8 3.8
17 13

『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』の感想・評価・ネタバレ

  • とし

    料理が主軸なのでどの料理も色合いが鮮やかで香りまで伝わってきそうなほどどれも美味しそう。苦労して考えられたその時代での最高のレシピと未来へ継承される味。料理はとても奥が深く常に進化するものなんだなと感心させられる。一度食べた物は再現できる天才的な麒麟の舌を持つ者も大切なものが欠けていたらただの独りよがりになってしまう。結局人間はいかに信頼出来る人達と共に生きていくかを教えられた。

  • えり

    このオチは嫌う人もいるだろうけど私は良いと思った

  • もち

    おもしろかった。食べたことない店の料理だったら断るのかな?

  • Sayaka  Toda
    Sayaka Toda 4 2018年1月2日

    ドライブに行った銚子のイオンモールで観賞。公開直後なのにガラガラだった(^^; ストーリーはよく練られているし、最後はしっかり伏線回収されていて、見応えがあった。 ものすごーく欲を言うなら、施設長の死に方がコントみたいなのと、宮内庁のあなた誰ー(-ω- ?)っていう説明がなかったのが残念。

  • Ayano

    綾野剛のイケメンな二の腕を参拝する映画、だった。 二宮くん演じる主人公があまり自分から動いていかない。予告編で予想したストーリーがだいたい合っていて、そしてあまり自分の好きなところではないだろうと思っていたので、良くも悪くも期待通りでした。 もっと登場人物一人一人を掘り下げて欲しいなー……