テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部

テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部

2018年製作 日本 2018年8月24日上映
rating 0 -
0 0

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部』とは

2001年からテレビ東京系列で放送されているアニメ『テニスの王子様』の劇場版の第二弾となるOVA。 テレビアニメシリーズで描かれてきた有数の試合の中でも特に名高い対戦カードである関東大会1回戦、青学対氷帝のシングルス1「手塚 vs 跡部」を描いた。 アニメーターとして数々の作品制作に携わる川口敬一郎が監督を務め、テレビアニメを始め映画でも脚本家として活躍する広田光毅がシリーズ構成・脚本、石井明治がキャラクターデザインを担当する。 声の出演はお馴染みの置鮎龍太郎、諏訪部順一、皆川純子。挿入歌は手塚 & 跡部が歌う「永遠」で、初めてのデュエット曲となる。越前リョーマの「You got game?」がエンディング曲。

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部』のあらすじ

優秀なテニス選手が集まることで知られる名門校「青春学園中等部」(通称・青学)には、アメリカのジュニア大会において4連続優勝記録保持者の越前リョーマを始め、名高い選手が集まっている。 関東大会の1回戦で、青学は氷帝学園中学部と対戦することになる。氷帝は前年度の都大会で優勝、関東大会で準優勝、全国大会はベスト16という強豪中の強豪であり、部員の数でも群を抜いている。 シングルス1は、青学の手塚国光と氷帝の跡部景吾の対決となった。双方とも各校の部長を務める。手塚は全国でも知られた選手で、常に冷静沈着である。跡部は氷帝においてトップクラスの実力を持つ。勝利の女神はどちらに微笑むのか。

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部』のスタッフ・キャスト

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚vs跡部』に関連する作品