讐~ADA~

讐~ADA~

2013年製作 日本 148分 2013年7月27日上映
rating 0 -
0 0

『讐~ADA~』とは

監督・脚本はサスペンスやホラー映画を数多く手掛ける白石晃士。映画は第一部「戦慄篇」と第二部「絶望篇」の二部構成となっている。戦慄篇では佐藤綾乃演じる夕子視点で、絶望篇では仙石みなみが演じる美保視点でストーリーが描かれている。主演を演じる二人は共にアップアップガールズ(仮)の所属だが、同グループのメンバーや同じタワーレコードのアイドル専門レーベルに所属するメンバーが多数出演している。

『讐~ADA~』のあらすじ

進学塾・閃光塾に通う夕子。夕子は閃光塾の中でも成績優秀な優等生であったため、塾のPRのために作成される宣伝用ビデオの撮影に参加することとなった。授業風景の撮影中、突然美保という女子生徒ともう一人が教室に乱入し、講師や生徒たちを次々に惨殺していく。夕子を含む生き残った3人の生徒にもお互いに殺しあうように命令し、その様子をディレクター高橋に撮影させる。なぜ美保はこんな事件を起こしたのか。実は夕子のせいでせっかくできた親友が自ら命を絶っていた。美保は心に復讐を誓い、復讐代行業を営むサクラの協力を得て親友を死に追いやった者に少しずつ迫っていく。

『讐~ADA~』のスタッフ・キャスト

『讐~ADA~』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『讐~ADA~』に関連する作品