メトロポリス

メトロポリス

2001年製作 日本 105分 2001年5月26日上映
rating 4 4
33 17

『メトロポリス』とは

無声モノクロ映画時代の1920年代、ドイツ映画界の黄金期を担った鬼才フリッツ・ラング監督が放った、SF映画黎明期を代表する名作。科学が飛躍的な進歩を遂げた100年後の未来世界を舞台に、地下社会に押し込まれて強制的に働かされる労働者層と、それを搾取し富と享楽を独占する資本家層との対立を描く。人間の欲望が生み出したアンドロイドやその反乱など、そのストーリー展開から舞台設定までがSF映画のスタンダードとして数々の映画人に衝撃を与え、現在も本作の影響が色濃く残る作品が後を絶たない。出演はアルフレート・アーベル、ブリギッテ・ヘルム。製作から58年を経た1984年、本作の熱狂的ファンである人気作曲家ジョルジオ・モロダーによって、音楽を付け彩色され再編集された「ジョルジオ・モロダー版」が公開された。

『メトロポリス』のあらすじ

2026年、高層ビルが林立する巨大な未来都市、メトロポリス。科学の進化に支えられた高度な文明により大いに繁栄し、人々は平和を享受しているように見えた。しかし実際には、圧倒的多数の労働者層は地下社会に追いやられ、過酷な労働に従事する毎日。ごく一部の限られた資本家層や知識人、指導者層だけが、支配的立場を利用して労働者層を搾取しつつ地上社会での栄華を享受しているのだった。ある日、権力者の息子のフレーダーは、労働者層の娘マリアと運命的な出会いを果たす。地下社会の想像を絶する現実を目の当たりにしたフレーダーは、自分が指導者層と労働者層の橋渡し役となり得る存在であるとマリアに告げられる。そしてこれを機に、労働者の間で次第に革命への意欲が高まっていく……。

『メトロポリス』のスタッフ・キャスト

『メトロポリス』の感想・評価・ネタバレ

  • go

    昔よりも面白く感じたよ

  • shota

    小学生の時に出会った作品。漫画原作も素晴らしかったが、音楽、映像、構成共に本当にいつ見ても感動する。

  • まつり
    まつり 5 2014年3月18日

    ロックが幸せになる道があるなんら、なんだってする!不憫すぎる、かっこよくてかっこわるい。I can't stop loving you にのせて迎えるラストが壮観

『メトロポリス』に関連する作品