フラットライナーズ

フラットライナーズ

rating 3.3 3.3
23 5

『フラットライナーズ』のスタッフ・キャスト

『フラットライナーズ』の感想・評価・ネタバレ

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 3 2017年12月16日

    心臓を停止させ死後の世界を垣間見ようとする5人の医学生を描いたスリラー。 当時はジュリア・ロバーツ、 キーファー・サザーランド、 ケヴィン・ベーコンといった魅力溢れる若手スターの共演が話題でした。 死後の世界自体に焦点を当てるのではなく、 臨死体験がもたらす恐怖が描かれています。 生き返った後に彼らにつきまとう、 それぞれの罪悪感による恐怖です。 あの世の描写が現実的なのが笑える。 心臓を停止させる時間も記録更新のように長くなっていくのですが、 それでも何事もなかったかのように蘇生してました。 特に被害者もなく、 解決方法もわりと普通でした。

  • けんしろー
    けんしろー 3 2016年2月18日

    人間決して踏み入れてはならない領域「死」これを真正面から向き合った作品。償いとはなにか。 ビリーが襲ってくるカットはチャイルドプレイみたいで怖かったです

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2015年11月3日

    フラットライナーズ。心電図や脳波の波形が平らになる状態のこと。 『死の向こう側を覗きたいのさ』医大生5人が臨死体験実験をし、生と死の境界に何があるのかを見てくる、という禁断かつ前代未聞な話。好奇心から医学をこんなことに使っていいのか?倫理的にも許されないだろう?という真面目な追求はさておき、フィクションと割り切って観るぶんには興味深い設定だった。 死後の世界やそこへ行く過程がどうなのか1度くらいは考えたことがあるのではないだろうか。トンネルとか三途の川とか、幽体離脱、あるいは過去の記憶が一瞬にして走馬灯のように流れるライフレビューなどが臨死体験をした人の話として報告されている記事やTVを見たことがあるが実際はどうなのだろう? まあ、いずれ死ぬ時にわかることだけど。 本作は医学サスペンスともライトなホラーとも取れるが、どちらかというと贖罪がメインテーマなのかなと感じた。死に際して過去の罪の意識を呼び起こされ、幻覚に苛まれる実験者たち。封じ込めてきた良心の苛責が心の中に蘇る。 B級感漂う作品ながらここまでは割りとよかった。医学生による臨死実験という設定に助けられ、うまく引っ張った感もある。が、着地点がよくない。あまりスッキリしない。過去と向き合い何かを改めるのではなく、自己中な謝罪やこうなってほしいという妄想的解決。しかも妄想的解決さえもしていないのが約1名。うーん、惜しい。なんだかとても惜しい。もっと上手い収束のさせかたがある気がする。 キャストが豪華で驚き。若きキーファー・サザーランド、ケビン・ベーコン、ジュリア・ロバーツが見られるのでこれだけでも一見の価値はあると思う。

『フラットライナーズ』に関連する作品