新婚道中記

新婚道中記

作品情報

原題 The Awful Truth
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

aimiの感想・評価
1937年 レオ・マッケリー監督 ケーリー・グラント主演

うーん、映画を見てここまでムカムカしたのは初めてだ。
お互いの不倫について疑心暗鬼になっている夫婦が別れるかくっつくかを延々とやっていて…もう、なんなんだー(-_-;)変な駆け引きをずっと見せられて、最悪の気分。
見終わってからの感想は、「勝手にやってろ!」しかなかった!
ケーリー・グラントが出てるから笑えるところは笑えるんだけど、とにかく妻が好きになれず。
ciatrをフォロー: