彼は秘密の女ともだち

彼は秘密の女ともだち

作品情報

原題 UNE NOUVELLE AMIE
製作年 2014年
製作国 フランス
上映時間 107分
ジャンル ドラマ・恋愛>ハートウォーミング>日常・人生

あらすじ

クレールは幼い頃からの親友のローラを亡くし、悲しみに暮れていた。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪ねる。するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。 ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。 夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すクレール。優雅な立ち居振る舞いにキラキラ輝く瞳で、化粧品やアクセサリー、洋服を選ぶヴィルジニアに影響され、クレール自身も女らしさが増してゆく。 とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい生き方とは──?

新着感想・ネタバレ

tremolo779の感想・評価
予告編を見て気になっていた作品。
コメディ路線なのかと思っていたけど、思ったよりシリアスで深いテーマだった。
親友のローラの死後、その夫ダヴィッドの女装癖を知ってしまったクレール。
『ヴィルジニア』という女性としての彼と、親友の夫ダヴィッドとしての彼と、受け入れたり拒絶したりを繰り返して物語は進んで行く。
現実にダヴィッドの立場の人が受け入れられる難しさを、良くも悪くも凄くリアルに描いてると思った。
まぁヴィルジニアとして外出するシーンだと、ヒゲの所青くなってるし、大柄すぎて流石にもっと周りに騒がれそうだけど...。
ラストで、パンツスタイルのヴィルジニアとお腹の大きなクレールが一緒にいるシーンがこの物語の全てだと思う。
ヴィルジニアはそれまでワンピースとかスカートしか履いていなくて、女性らしい女性を目指していた感じがあったけど、この時にはもう自然に女性として生きられてるのかなって感じた。
クレールのお腹の子に関しては、何も語られていないから推測でしかないけど、ジルとの子供じゃないかな。
ヴィルジニアを受け入れて、今度はきっと本当の女友達として隣にいるんだと思いたいラストでした。
myaniaの感想・評価
前半とってもおもしろかった!
melancholix666の感想・評価
理解することやしてもらうことの難しさ。でもとても素敵なことだと思う!これからは日本も色んな文化と気持ちを受け入れられる良い国になってくれるといいな。
ciatrをフォロー: