血の魔術師

血の魔術師

作品情報

原題 The Wizard of Gore
製作年 1970年
日本劇場公開日 2012年10月12日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
HGルイスの傑作と言われる本作。映画『JUNO』でジュノちゃんがハマった映画として有名で、スプラッターの祖と言われているHGルイスの中でも傑作と言われています。ゴアゴアなスプラッタ描写はクドいほど用意されており、手品師が本当に殺しているのかトリックなのかというストーリーなので見せ物小屋のような気分で、怖いもの見たさで見ることができます。ただ傑作と言われているのはこの点ではなく、怪奇なストーリーにあるのでしょう。血みどろでにして殺しているシーンと普通に手品をしているシーンを短いカットで交互する。珍妙な映像でした。まさかこんな目を引くシーンがゴア映画で観られるとは。さらにオチではずるいというか無理やりというか。ある意味では酷いとも言えるオチに本作の価値は高まっているのでしょう。ただ個人的にはそれほどはまりませんでした。この映画に星5を捧げてこの道の映画を極めていこうと思っていたのですが、残念ながら星3.5です。
ciatrをフォロー: