64 ロクヨン 後編

64 ロクヨン 後編

2016年製作 日本 119分 2016年6月11日上映
rating 3.6 3.6
90 19

『64 ロクヨン 後編』のあらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。 平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う

『64 ロクヨン 後編』のスタッフ・キャスト

『64 ロクヨン 後編』の感想・評価・ネタバレ

  • kjhyk

    見終わってから、解説してるサイトを見て初めて分かったことがいくつもあり。 二女がいなくなったタイミング。 模倣犯の犯人とか。

  • もち

    広報官のお家のことは何も片付いてない (^q^) お父さんの執念だなとおもちました。

  • さくら
    さくら 3 2018年4月2日

    やっと動き出したロクヨン事件。後編の方が展開は早めだけど、説明が長く感じる...ただひたすらに真実を追い続けた執念に涙が出てくる。ひとりでずっと抱え込まなければいけない状況、その場から動くことができない日々の辛さを思うだけで胸が締め付けられる。俳優さんたちの力のこもった演技に敬意を。

『64 ロクヨン 後編』に関連する作品