さざなみ

さざなみ

45 YEARS
2015年製作 イギリス 95分 2016年4月9日上映
rating 3.5 3.5
10 5

『さざなみ』のあらすじ

土曜日に結婚45周年の記念パーティを控えるジェフとケイト。しかし月曜日にある手紙が届いたことで、彼らの土曜日までの6日間は45年の関係を大きく揺るがしていく。山岳事故で死んでしまったかつての夫の恋人のゆるぎない存在が、突如として夫婦の関係に入りこんできたとき、夫は過去の恋愛の記憶を日毎に蘇生させ、妻は存在しない女への嫉妬心を夜毎重ねていく。それはやがて夫へのぬぐいきれない不信感へと肥大していくのだった…

『さざなみ』のスタッフ・キャスト

『さざなみ』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年11月3日

    なんというサスペンス・スリラー。夫の昔の恋人が永久凍土の中で発見される、ってのがまず意味深でスリリング。おかげで序盤から画面に緊張感が走る。夫がそこに居てもフレームにはシャーロット・ランプリングしか映らないシーンが度々あるが、その時夫の心は「別の世界」に居るのが明らかだ。淡い色彩の霧がかった風景と地平線、窓ガラスやミラー越しのショットも何故か不穏な兆しに見えてくるから怖い。悠然とした佇まいのトム・コートネイと鋭い視線のランプリング。存在するのに居ない人。温暖化によって地下に溜まった大量の水がいつか溢れ出る、という比喩。今更の後悔、いつまでも残る執着、人生への幻滅が、ジワジワと人を追い詰める。そして、長回しラストショットで振り下ろされる(心の)ナイフの切れ味ときたら!ああ怖い。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年12月13日

    来週の土曜日で結婚45周年を迎えることになった円満な夫婦の元に一通の手紙が訪れ、それをきっかけに夫の閉ざしていた過去が引っ張り出されます。 若者が熟年離婚をすっきりと理解できるようになっている映画だと思います。年を取っても男は男、女は女なのです。確かに少し社会から離れた老夫婦には離婚するきっかけが少ないかもしれない。しかしそのきっかけさえあれば当然崩壊に向かうのです。妻の「この部屋には昔の女の匂いが充満している」というのは良いセリフです。昔付き合った人とは、確かに今付き合っている人とは切り離して考えられるべきですが、一時期の価値観を形成する大切な存在になっている。夫の言う「若い頃の選択が将来に大きな影響を及ぼす」は昔の女で培った自己の存在を否定していない。ラストの妻の表情は絶妙です。おそらく今後の人生は間違いなく安泰ですが、出来事以前の状態に戻すことは不可能でしょう。男と女って…。 そんな絶妙な妻の顔を見せたシャーロット・ランプリングはいい演技をしています。言ってみればこんな小品でアホみたいに賞とってるのも頷ける。

  • えりこ
    えりこ 4 2016年10月23日

    結婚45年を迎えた夫婦に起こった出来事。 夫の昔の亡くなった恋人が遺体で見つかり、そこから起こる妻の葛藤がメインテーマになっています。 とにかくシャーロット・ランプリングが素晴らしい!オスカーノミネートも納得の存在感。 静かに、かつ心に出現した『さざなみ』を醸し出しています。 私には彼女の波が見えました。 地味なストーリーですが、心動かされる作品でした。

『さざなみ』に関連する作品