社長太平記

社長太平記

1959年製作 日本 95分 1959年1月3日上映
rating 4 4
1 0

『社長太平記』とは

1959年に公開された「社長シリーズ」の第6作目となる東宝のサラリーマン喜劇。森繁久彌演じる婦人下着メーカーの社長が巻き起こす騒動を描く。監督は『大学の人気者』の松林宗恵が務め、脚本は『サザエさんの結婚』の笠原良三が手掛けている。撮影は『鰯雲』の玉井正夫が担当。監督の松林は本作がシリーズ3作目となるが、これをもって一旦監督を降板している。出演は森繁久彌・加東大介・小林桂樹ほか。女優陣には淡路恵子・団令子らを迎えている。

『社長太平記』のあらすじ

婦人下着メーカーの錨商事は、東京に進出する関西のライバルメーカー・さくら商会への迎撃に社運をかけていた。両社は大福アパートへの納品でしのぎを削っていたが、営業部長では埒が明かないと判断した牧田社長は専務の大森を投入する。独身のうえ女好きで有名な大森だったが、実は庶務課長の朝日奈の娘・てつ子に想いを寄せていた。ある日てつ子から銀ブラに誘われた大森は、勇んで出かけるが、彼女は自分の父の調査を大森に頼むと、さっさと恋人の待つ劇場に行ってしまう。頼まれたとおりに大森が朝日奈の後をつけると、彼は「くろがね」という海軍キャバレーに入っていった。

『社長太平記』のスタッフ・キャスト

『社長太平記』の感想・評価・ネタバレ

  • mince

    早食いだけが取り柄の水兵。復員し婦人下着の会社を興し大成功。戦後景気に浮かれスケベ心に火が付き仕事そっちのけで銀座の女将やママにちょっかいを出す。軍艦で上官だった役員たちは尻拭いにてんやわんや「社長太平記」塚3。昭和34年、森繁久彌主演の爆笑喜劇。いや、劇場の老若男女マジ皆爆笑。2016年6月12日 おもしろい!笑いがちっとも古びておらずホントおもしろかった。いや、我が国のサラリーマン社会が外見ばかりで中身は戦後からそんなに変化がないということかもしれない。小林桂樹が35才設定、たぶん実年齢も近かったと思うけど、昔の人って老けて見えるなぁ。

『社長太平記』に関連する作品