人生は狂詩曲(ラプソディ)

Branbanconne
2014年 ベルギー・ルクセンブルク 99分
rating 3.5 3.5
2 2

「人生は狂詩曲(ラプソディ)」のあらすじ

吹奏楽の欧州決勝コンクール出場チームを選ぶ大会に参加したベルギーのフランドル地方の楽団〈サン・セシリア〉。ライバルチームであるワロン地方の〈アンナバン〉の演奏に圧倒されながらも「必ず勝つ」という決意のもと演奏した結果は、〈アンナバン〉と同点1位。見事欧州決勝コンクール進出にこぎつける。しかし、チームの要であるトランペット奏者のウィリーが心臓発作で演奏直後に舞台上で突然死してしまう。悲しみに暮れる〈サン・セシリア〉のメンバーたちはエースを失い、戦意喪失気味になる。しかし、コンクールの期日は待ってくれない。葬儀の後、彼の死を無駄にしないためにもメンバーたちはある作戦を思いつく。それは、〈アンナバン〉の天才トランペット奏者ユーグをチームにスカウトし、勝ち上がることだった。

「人生は狂詩曲(ラプソディ)」のスタッフ・キャスト

「人生は狂詩曲(ラプソディ)」の感想・評価・ネタバレ

  • EllyMimy
    EllyMimy 3 3月28日

    ベルギーの吹奏楽団のコメディ。 昔、吹奏楽をやっていた私にとって興味深い作品でした。 うーむ、コメディと言うほどは笑えず、また若干描写不足を感じてしまい、少し物足りなさを感じながら終わってしまったのでした…