キング・アーサー 聖剣無双
キング・アーサー 聖剣無双
King Arthur: Legend of the Sword
2017年製作 アメリカ 2017年6月17日上映
rating 2.8 2.8
23 0

『キング・アーサー 聖剣無双』の感想・評価・ネタバレ

  • とし

    スラムの売春宿で生き抜いていた少年が王の血を受け継ぐ者でやがて国王に仇討ちする。ストーリーはありがちだけど聖剣エクスカリバーの威力と映像の迫力はなかなかのもの。自分のこと愛する奥さんや娘を自ら殺すとか正気ではなく苛立ちしかない。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2018年3月30日

    カンフージョージ!

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 3 2017年12月16日

    有名なアーサー王伝説をスタイリッシュな筆致で実写映画化したアドベンチャー・ソードアクション大作。 「スラムのガキから王になれ!」というキャッチコピーで、 幼少期からの成長期をある程度描かくのかと思っていたら、 ダイジェストだったのでビックリ。 アーサー王伝説を型破りな自由すぎるストーリーで描かれてます。 ガイ・リッチーのリメイクは、 過去とは違いすぎてある意味斬新でした。 冒頭のゾウが超巨大すぎてビックリ。 キング・コングと戦わせたくなるくらいに超巨大! アーサーの服装が中世というよりは現代のように見えました。 1本の映画で出演するキャラクター数が多いガイ・リッチーですが、 本作もたくさんの登場人物が冒頭から容赦なく出てきます。 男性ばかりで女性が少ない。 ジュード・ロウが悪役を務めるのは非常に珍しいです。 アメリカ国内で2017年夏の最大の大コケ作品として報道されてるみたいで、 続編の構想があるみたいですが厳しそうですね。

  • kotoko

    終盤はガイリッチー監督の真骨頂が見れた。でも物語の結末が見えているストーリーの描き方が、あまり面白みがなかった。

  • enchang318
    enchang318 2 2017年7月3日

    129.2017.6.30 格闘シーンはガイリッチー監督らしい表現だったけど、、、、。

  • 福庭恭平
    福庭恭平 3 2017年6月30日

    78本目!キングアーサー! ガイリッチー好きだし、BGMとか最後らへんのもろPS4のPVみたいな戦いとかいいところは多かったけど、話がつまらん 編集で毎シーン食い気味+後乗せな見せ方がされてて話がしっちゃかめっちゃかでついていけんかった 好きな人はめっちゃ好きだろうなって感じです

  • cla_sta

    アレンジ強いけど、大枠はアーサー王が本陣を構えるまでの、いたって序盤の話。聖剣無双のタイトルから考えると、むしろ剣側の話なのではって程度にはアーサー王である必然性なかったけど、わりとよかった。

  • amazon02
    amazon02 2 2017年6月24日

    結末の判っている話をガイ・リッチー監督らしいペーソースで仕上げてある。 ただし映画として面白いかというと、ポイントごとにそれは感じられるものの 通して観てみると全体的に面白味がぼやけている感じが否めない。 赤ん坊の頃から青年期までの成長をスピーディーに観せられ、 お、このスピード感なら新しい聖剣映画が生まれるぞという期待が 高まって以降、エクスカリバーと出会おうが、魔法使いと合流しようが 何とも盛り上がらない。 中盤手前でアーサーが初めてエクスカリバーとシンクロしてから、 ラスボスの叔父を倒して戴冠するラストまで、 やたらと高い身体能力をもつ義に厚い青年の物語に終始する。 王座を取り戻すとか、エクスカリバーと連動した強い剣士の戦いを魅せる といった、こちらの感情に訴えかける部分が少ない点が それを期待していたこちらを置いてけぼりにしてしまったせいだと思う。 下剋上エンタテイメントとか、聖剣無双という 間違ってないけど(結果的に)森杉感のある煽り文句に 監督の名前が加わって、期待しすぎた感もあり、 肩透かしを食らった形で、ちょっと悔しい。 2017.06.19 TOHOシネマズベイシティ WH

  • えいきち
    えいきち 3 2017年6月23日

    結末は、予想できますが、迫力ある映像! 無心で観れる面白さです。

  • 15_836

    個人的にこの映画は、タイトルに"あった"「聖剣無双」の様に敵をバッサバッサ切りまくる爽快なアクション映画だと思っていたが、そうではないなと感じたのが正直な感想である。 その理由としては、まず、主人公が覚醒するまでの時間が長く、無双するまでが長いのがある。無双し始めるのも最終決戦からなのである。覚醒するキッカケの積み重ねが長いのは理解できなくはないが、もうちょっと時間を短くできたんじゃないかなと。 次に、無双するシーンが少ない点が挙げられる。無双するシーンは確か中盤に一回と、ラスボスとの決戦前の二回ぐらいしかないというのは、ちょっと肩透かしをくらった気分になった。 ストーリー的には非常にシンプルで、大筋は非常にわかりやすいと思うが、主人公がトラウマと対峙したり、力が思う様に使えないことを悩んでいる時間が長いのも、爽快感を感じることができなかった理由の一つだと思う。 ただ、無双シーンは、スローモーションの多用と目線のめまぐるしさでエクスカリバーの強さが伝わって良いなと思った。