一粒の麦 荻野吟子の生涯

一粒の麦 荻野吟子の生涯

2019年製作 日本 2019年10月26日上映
rating 0 -
0 0

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』とは

日本初の女性医師として日本国家から認められた、荻野吟子の波乱万丈の生涯を描く。 嘉永4年(1851年)、現在の埼玉県に吟子は生まれる。聡明で勉強好きだったが、男尊女卑が残る時代では女には学問は不要とされていた。吟子は自らの闘病生活をきっかけに、女医の必要性を感じて医者を目指す。女医の前例はなく、女医を公的に認める制度もない時代に、吟子は不屈の精神で医師への道を歩む。 荻野吟子は若村麻由美が務める他、山本耕史、賀来千香子、佐野史郎、柄本明ら豪華キャストが共演。監督、脚本は『母 小林多喜二の母の物語』の山田火砂子。

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』のあらすじ

嘉永4年(1851年)、現在の現在の埼玉県熊谷市で生まれた荻野吟子は、兄たちよりも知的で勉強好きの女の子だった。しかし女には学問は不要とされていた時代。吟子は16歳で隣村の名主の家に嫁ぐものの、夫から性病をうつされ子供の産めない体になり実家に帰されてしまう。 悲しみに暮れていた吟子だったが、入院生活中に女医の必要性を感じ、女性のための医療を実現させるため医者を目指すことに。まだ女医の前例はなく、当時は女医を公的に認める制度もない時代。吟子は男子と共に勉学に励み、女性への偏見にも負けずに不屈の精神でまだ誰も歩んだことのない女医への道を切り開いていく。

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』のスタッフ・キャスト

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』に関連する作品