CUREキュア

rating 3.8 3.8
38 15

「CUREキュア」のスタッフ・キャスト

「CUREキュア」の感想・評価・ネタバレ

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 5 7月28日

    最高だった、、すごい、、、 日本版のセブンみたいな話だ、キリスト教圏の話でないぶん余計にリアルで不気味だ。 なによりカメラワークがかっこよすぎる。 タルコフスキー思い出すくらい秀逸で無駄がなくて、面白いえづくり。 人間の精神状態はどこまでも怖い。 どこまでもわからない。 それは皆が皆孤独であるからだ。 その孤独が大きくなると、モラルや愛がわからなくなり、自分すらわからなくなる。 見ているこちらの方の精神も不安定になるほどの破壊力。萩原聖人の芝居、そして役所広司に伝染するあたり素晴らしかった。 これは寓話だ。 歳を重ね、1人の人間が複雑化し、憎しみをもち、孤立していく恐怖を描いている。 立ち向かうにはなんだ、、

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年7月13日

    謎の連続殺人を追う刑事の映画。序盤こそサスペンス調ながら、萩原聖人演じる謎の男の登場により、この映画がSFホラー映画に収束していきます。難解な映画ですが、よくわからないからこそ溢れだす恐怖がこの映画にはあります。楽しみ方は人それぞれですが、個人的には「解説を読まないほうが良い」タイプの映画かと思います。 役所広司演じる刑事が家に帰るシーン。何も入っていない洗濯機の音が鳴る中、淀んだ空気が部屋中に張り込めています。何もお化けはでてきませんが、この不気味さなのです。 黒沢清が炸裂です。先日鑑賞した『回路』より、多くのシーンで例の突拍子もなく人が死ぬ、というのをやってきます。そもそも人が見栄え良く死ぬ、というのは映画ならではの演出。実際に人が死ぬ時は演出なんかないのだ、と思います。そもそも人が死ぬ、という行為は人間が忌み嫌っているだけで、作中に登場している(であろう)人間よりも高次元な存在は、死に対して寛容なのではとすら思います。

  • Koichiro_Uematsu
    Koichiro_Uematsu 4.5 2016年2月14日

    苛立ちと混乱が喉元までせり上がってくる不気味さがある。名作。

関連する記事

「CUREキュア」に関連する作品