革命前夜

革命前夜

作品情報

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
革命を信じるブルジョワ青年と叔母の情事、階級世代の断絶、若さの終わり…さざ波のようにイメージが広がる。しかも流麗なカメラワークや音楽の演出がとてもエモーショナルで、叔母さん(といっても若い)のメランコリックな色気がこれでもかと。モノクロ映画だが、あるシーンだけいきなりカラーになってハッとした。ゴダールを観てシネフィルが熱く映画論を語ったり、時代性と若きベルトルッチの美意識を贅沢に反映した感じ。ラストカットが巧いなあ恐るべし。ちょっと近年の『ドリーマーズ』や『孤独な天使たち』にも繋がるものがあって、未だに若々しいからすごい。
ciatrをフォロー: