アタメ

アタメ

作品情報

新着感想・ネタバレ

Satoko_Suzukiの感想・評価
アルモドバルの要素が既にこのときに出来上がっていますね。アントニオ・バンデラス、無様で愛おしく見えてしまう?!
かなり笑える一本です。
southpumpkinの感想・評価
随分と灰汁の強い映画を観させていただきました。これがアルモドバルなのですね、すごい納得。
愛って漠然と語られるけど、結構”洗脳”や”レイプ””ストーカー”のそれらと比べて、かなり際どい位置にあるのですね。その微妙な愛の形をアルモドバルが豊かな色彩、いや豊かすぎる色彩によって独特の雰囲気でもって表現しています。抱擁のかけらと比べるとかなり見やすかったですけどもね。
ところで抱擁のかけら同様、今作にも異常な監督?だかなんだかおじいさんが出てきます。衰えを知らないこの性欲、まさか監督本人の投影なのでは・・?なんて考えるとさらに気色悪うぅ・・(すごく良い意味で)
marima_rinの感想・評価
1989年ペドロ・アルモドバル監督作品。29歳位の丸坊主のアントニオ・バンデラス主演!私、バンデラスがアルモドバルファミリー?って事すら知らず、それだけでも収穫
ciatrをフォロー: