イコライザー

The Equalizer
アメリカ
rating 3.6 3.6
204 30

「イコライザー」のスタッフ・キャスト

「イコライザー」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 5月31日

    ホームセンターで働く男は過去を伏せている。寝付きが悪く近くのカフェで本を読んでいた男は、とある娼婦と出会う。 アクション映画にしては2時間超えという長尺ですが、ダラダラとアクションが続くわけではないのがとても良い。ciatrに「行動原理が不明」とのレビューが多かったので、個人的に読み解いたことをメモします。 主人公のマッコールが心を許したホームセンターの同僚の男、カフェで会った女。この二人の共通点は「夢を追っている」ことです。男は警備員に、女は歌手になりたい。そんな二人の若者の夢を応援しており、彼らに降り注ぐ理不尽な悪に真っ向から対立するのです。マッコールにとって夢を追うこと、目標を立てることは生きる意味そのものになっていたのでしょう。妻を失ったマッコールは100冊の本を読み、歌を習い、パン屋を開くことを目標に日々生きている。後の二つも多分妻に言われたことなのだろうと思います。夢や目標こそが生きる意味そのものであり、生きる意味を否定する者には正義の鉄槌を下す。ここまでが割とぼんやりと描かれているのはなかなか大人なアクション映画だと思いました。娘をさらわれた、愛犬を殺された、とかだと90分で終わるのでしょうが、ここまでをしっかり描くにはやっぱり2時間必要だったのでしょう。 デンゼル・ワシントン無双です。彼の片腕とも言えるアントワーン・フークア監督はどういう風に撮れば彼がかっこよく見えるのかよくわかっています。ラストのスローモーションはみぶるいするほどかっこいい。

  • enchang318
    enchang318 3.5 2月14日

    2017.2.14.37 そのへんの物全てが武器になっちゃうよ。

  • Pit7775Pit
    Pit7775Pit 3 1月20日

    シャツインにジーパン。ホームセンターで働くデンゼルワシントン。 しかし本当は最強の仕事人。 悪を絶対に許さない。 少女を救う所から物語が進んでいく。 デンゼルワシントンが動き出すカット割りが本当にカッコよかった。 顔のヨリとポーカーフェイス、無駄のない動き。的確な攻撃。何させても効かない身体。 対照的に警備員になったふっとちょ役が居たので余計に際立つ。

「イコライザー」に関連する作品