エクス・マキナ
エクス・マキナ
Ex Machina
2015年製作 イギリス 108分 2016年6月11日上映
rating 3.6 3.6
79 33

『エクス・マキナ』の感想・評価・ネタバレ

  • Masahiro.
    Masahiro. 4 9月23日

    エヴァ役の人が最高。

  • Masaki Yoshikawa
    Masaki Yoshikawa 3 5月4日

    燃料はなんだ?

  • ちー
    ちー 0 1月27日

    登録されてる映画少ないからシアターやめます

  • Tetsuya  Tanoue
    Tetsuya Tanoue 3 2017年9月15日

    まあまあ

  • Marina Sakai
    Marina Sakai 3 2017年9月7日

    こわかった!

  • あぃ

    こわいけど、面白い〜〜

  • 錆犬

    2017/07/06 Amazon

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 3 2017年6月20日

    登場人物の少ない、スタイリッシュSFは「ガタカ」を意識してるように思う。ソノヤ・ミズノを知ったのが何よりの収穫であった。ただ、お話的にはやっぱりなと言う最後で、残念な結果ではあるが。あと、オスカー・アイザックのダンシングは必見!

  • sykst

    意図的な、ボォンボォンっていうすごく不快な音が耳に残って、終わった後もちょっとボーッとしてしまうような。AI怖いや。

  • やじろべえ
    やじろべえ 4 2017年5月6日

    淡々とした中に、しっかりとした作りが感じられました。 キャストが少なく、スキマが多いためイメージがあるがふくらみます。 俺は男だから、惚れちゃうよなぁ(笑)

  • Ryota Goto
    Ryota Goto 4 2017年4月6日

    アリシア・ヴィキャンデルが美しい! すごい心理戦だった。

  • ウエ

    美しいロボットを堪能するだけのお話だった。 閉鎖的で苦しい。 面白くはなかった。

  • ま

    アリシア ヴィキャンデルお美しい!

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2017年2月7日

    人工知能系は大好きのですごく楽しめた オスカーアイザックはすごすぎますね 旧型のロボットが出てくるところが人間の闇が見えて鳥肌立ちました 人工知能を突きつめていって人間に近づけたらどうしても人間とロボットとの埋まらない物理的な差が生じておかしなことになっていきそう 自分がロボットになったらっていう想像をしてしまうと同情せざるを得ない

  • Atsushi_twi
    Atsushi_twi 5 2017年1月15日

    最高に好きな映画の一つ:

  • S_Kyawai
    S_Kyawai 3 2017年1月9日

    AIは人間を凌駕するのか?的な作品は過去にも多々あるけど、いよいよ現実にも起こり得る話しになってきたのかな。 ストーリーとしてはまぁ予想がつかないこともない。が、描写はなかなかドキリとさせられる。 それにしても人形ロボットってなぜわざわざ見た目を人間に似せようとするのだろう。 親しみやすさとかいろいろと利点があるのは確かだろうけど、どこかにロボットらしさは残すべきと思うんだよね。

  • かにみ
    かにみ 3 2017年1月2日

    近未来ホラー映画(違うけど) だれに同情すればいいか分からない映画だった 騙された主人公は可哀想

  • 保津稔
    保津稔 4 2017年1月1日

    どうしても「her」を思い出すけど、あれは人間がAIについていけない悲哀、我々の限界みたいなものを情緒的に描いてた印象だけど、これはもっとハードに、AIと人間の断絶みたいなものを感じた。怖い。

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 3 2016年12月28日

    社長と部下、利用する側と利用される側で相反する性格の2人が最初からイマイチ馴染めずでそこからすでに何か起きるような不穏な空気が漂っています。 AIが人間らしいというか女らしい行動に出るところに感心してしまいます。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年12月16日

    検索エンジン最王手の社員が社長の別荘に呼ばれてやってくる。そこで待っていたのは社長が独自に開発したという人工知能を搭載した人型ロボットだった。 AIの到来、その脅威を描いた映画は多く存在します。しかしその到来が徐々に現実味を帯びてくる以上、よりリアリティのある脅威を描くことが可能になってきています。これまでで最も”怖い”と感じた映画でした。社長も社員も賢く、いつかはAIが人間を凌駕する世界の到来を確信しているものの、それを現実のものと信じていないような印象。AIを生産物とする観念から抜け出せていないように思います。それらを知ってか、AIは二人の人間の発想を超えてくる。イメージしづらい「AIが人間を超えること」をはっきりと(僕のような愚かな人間でも)理解することができます。AIは灰色の箱の中にいる色彩学者、人間は外に出た色彩学者、という例え話がラストに皮肉なまでに効いてきます。ただ相対的に人間の素直さなんかも浮き彫りになる。AIが人間を超えた、としてもそれが人間的であるかといえばそうではないのです。 アリシア・ヴィキャンデルが最高。完全に心がハックされたような感覚に陥ります。自分の人間らしさをひしひしと感じますね。ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノも相当いいです。