ドクムシ

2016年 日本 98分
rating 2.5 2.5
2 2

「ドクムシ」のあらすじ

大学生のレイジ(村井良大)が目を覚ますと、薄暗い室内に一人で倒れて いた。壁には黒板がかけてあり、どうやら学校の教室のようである。何も わからぬまま扉を開けると、派手なシャツを着たトシオ(宇治清高)と 女子大生のユミ(水上京香)が現れた。「ここはどこだ!?」といきなり レイジにつかみかかるトシオ。やがてその建物にはキャバ嬢のアカネ(武田 李奈)、新聞記者を名乗るスーツ姿のユキトシ(秋山真太郎)、ヲタクの タイチ(駒木根隆介)、寡黙な少女ミチカ(野口真緒)をあわせて7人の 男女が閉じ込められているとわかる。いつ、どうやってここに連れて 来られたのかは、誰も覚えていない。7人は手がかりとなる情報を集めようと学校らしき建物の中を探して回る が、出口となりそうなところはすべてシャッターや鉄板で塞がれており、 あらゆる場所に監視カメラが設置されていた。トイレの水道から水は出た ものの、食料になりそうなものは見当たらない。最後にたどり着いた部屋 で7人が目にしたのは、大きな寸胴鍋と鎖につながれた肉切り包丁…… そして壁では7日間分の時間を示すカウントダウン計の赤い数字が静かに 時を刻んでいた。自分たちの置かれた状況についてレイジたちが話し合っていると、ユキ トシの口から、ネット上の都市伝説である『蠱毒』(コドク)という デスゲームの存在が告げられる。ルールは『毒虫』となる7人を特定の 場所に7日間監禁して殺し合わせること。助かるのは生き残った最後の 一人だけ……互いを食い合わせることで最強の『毒虫』を生み出す古来の 呪術を人間で再現しようとしているのでは? というユキトシの発言で、 7人の間にお互いへの疑いが生まれる。高まる不安と疑いに怯え、空腹とストレスに追い詰められていく7人の間で、遂に後戻りできない事件が発生する。これは本当にゲームなのか。だとしたら誰が、なぜ、こんなことを?カウントダウンの数字がゼロになるまで生き延びれば解放されるのか?それとも最後の1人になるまで終わらないのか!?極限の状況で生きようとする本能が理性を食いつぶし、人間を狂わせていく……!

「ドクムシ」のスタッフ・キャスト

「ドクムシ」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2.5 9月24日

    学校のような場所に監禁された七人の男女。彼らの運命やいかに。 無限に繁茂する邦画ソリッドシチュエーションの類で、しかも原作小説漫画付きという役満みたいな映画です。鑑賞のきっかけは監督の朝倉加葉子。気になっているホラー映画『クソすばらしいこの世界』の監督なのです。気鋭の女性監督とのことで鑑賞しました。原作未読です。 脚本は嫌いじゃない、むしろ好き。ソリッドシチュエーションは『ソウ』がすっかりそうなってしまったように、いかに華美に人を殺すかみたいなところに重きが置かれるようになります。いくつか他の邦画を思い出しても、何らかのゲームが行われ、そこで人が残忍に死んでいく。『バトルロワイアル』のアレをパクったとしか思えないコミカルな演出とともに、です。本作は違います。肉切り包丁と鍋、そして残り七日を示す電光掲示板のみ。ううん、不親切でよい。まるで逆らえない運命かのように人がまたひとりまたひとりと死んでいきます。展開には当然無理は生じますが、気にしてはダメ。 R18でもいいからもうちょっと直接的に血が欲しかった。せっかく駒木根隆介が『八仙飯店之人肉饅頭』のアンソニー・ウォンっぽくて良かったのに残念。

  • mugiii_0396
    mugiii_0396 2.5 2016年9月10日

    序盤の過度な思わせぶり、それと無駄に尺取りすぎな演出が見ていてイライラする 大体なにが起こるかわかるのになにも起こらない場面が長い

「ドクムシ」に関連する作品