コールド・フィーバー

コールド・フィーバー

Á köldum klaka
1995年製作 アイスランド・アメリカ 85分 1995年10月28日上映
rating 3.5 3.5
2 0

『コールド・フィーバー』とは

東京で平凡な生活を送っていたサラリーマンが、両親の供養のため訪れたアイスランドで旅をしながら、自身を見つめ直すロードムービー。監督・脚本・制作を務めるのは、『春にして君を想う』でアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた経験を持つ、アイスランド出身のフレドリック・トール・フリドリクソン。主演は、ドラマ『私立探偵濱マイク』の永瀬正敏。『ツィゴイネルワイゼン』の監督で知られる鈴木清順も、俳優として出演している。

『コールド・フィーバー』のあらすじ

東京で働く平田は、亡くなった両親の供養をするよう祖父から説得され、やむなくアイスランドを訪れる。彼の両親は、現地で事故に巻き込まれていたのだ。事故現場を目的地として旅立つ平田。タクシー運転手とはぐれたり、教会で葬式に参加するハメになったりと、旅は思わぬ方向に。さらに、移動手段として手に入れた中古車を、男女のヒッチハイカーに奪われてしまう。それでも、ホテルで知り合った老人に現場まで案内してもらえることになる。ただし、通行手段は馬。厳しくも美しいアイスランドの大自然。その環境に身を委ねるうちに、平田自身の魂にも確かな変化が表れてくるのだった。

『コールド・フィーバー』のスタッフ・キャスト

『コールド・フィーバー』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『コールド・フィーバー』に関連する作品