2021年11月23日更新

映画『戦場のメリークリスマス』の動画を配信中のサブスクはここ!何年たっても色あせない魅力の考察も

映画『戦場のメリークリスマス』の動画を配信中のサブスクはここ!

映画『戦場のメリークリスマス』の作品概要

放送年 1983年
ジャンル ヒューマンドラマ、戦争
再生時間 124分

登場人物とキャストを紹介

ジャック・セリアズ役/デヴィッド・ボウイ

ジャック・セリアズ / デヴィッド・ボウイ 戦場のメリークリスマス

日本軍を襲撃する作戦中に捕虜となったイギリス陸軍少佐。捕虜となり命が危ない状況でも反抗的な態度をと取ります。ロレンスとは顔見知りであり、彼との対話の中であるトラウマを抱えていることがわかります。 セリアズを演じるのは、デヴィッド・ボウイ。言わずと知れた世界的なロックミュージシャンであり、グラミー賞では5回も受賞しています。ミュージシャンとしてだけでなく、役者としても活躍していて、演劇や映画などに出演。

ヨノイ大尉役/坂本龍一

ヨノイ大尉役 / 坂本龍一 戦場のメリークリスマス

日本軍俘虜収容所の所長で、陸軍大尉。裁判で出会ったセリアズに惹かれてしまい、日本軍として規律と個人として想い狭間で揺れ動きます。二・二六事件で同胞とともに死ねなかったことを悔いています。 ヨノイを演じるのは、坂本龍一。YMOのメンバーとして人気を集めると、個人としても作曲家などで世界的な名声を得ます。本作では俳優としてデビューを果たしますが、楽曲も手掛けており、見事に英国アカデミー賞作曲賞を受賞。

ジョン・ロレンス役/トム・コンティ

日本語を話すことができるイギリス陸軍中佐。日本軍のハラ軍曹とともにある事件を対応することになりますが、次第に不思議な友情を育んでいくことになります。 ロレンスを演じるのは、トム・コンティ。スコットランド出身の映画俳優であり、『デュエリスト/決闘者』(1977年)で映画デビューを果たします。第56回アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされるなど、実力派の俳優として地位を確立しています。

ハラ軍曹役/ビートたけし

戦場のメリークリスマス
©︎UNIVERSAL PICTURES

(画像右) 強姦事件の犯人に切腹を強要するなど、粗暴な一面のある日本軍の軍人。立場は違えど、捕虜側のロレンスとはお互いに認めている部分があり、いつしか友情が芽生えていきます。 ハラを演じるのは、ビートたけし。漫才コンビ・ツービートとして活躍し、お笑い界の一時代を築きます。『その男、凶暴につき』(1989年)で映画監督としてデビュー。その独特な演出により世界的な映画祭では高い評価を得ている、日本を代表とする映画人です。

詳しいあらすじをネタバレありで紹介!戦わない戦争映画の結末とは

起:2人の男の邂逅

1942年、ジャワ島の日本軍捕虜収容所にて、朝鮮人軍属によるオランダ人捕虜に対する強姦事件が発生します。ロレンスとともに事件処理に当たったハラ軍曹は、切腹を命じますが、ヨノイ大尉に止められます。 審判委員として軍事裁判に参加したヨノイ大尉。そこで自らの無罪を主張するイギリス軍人セリアズに出会い、彼の魅力に惹かれていきます。スパイ容疑が晴れたセリアズは、ヨノイが所長を務める収容所へと連行されます。

承:切腹と行

ハラ軍曹は捕虜収容所を訪れ、ヨノイ大尉が目をかけているセリアズを一目見ようとします。セリアズを早く回復させるよう指示するヨノイ大尉は、強姦事件を起こした犯人の切腹を決定。イギリス人捕虜が見ている目の前で切腹をさせます。 日本人の死に対する美徳を受け入れらないヒックスリー俘虜長は、ヨノイ大尉を激しく問い詰めます。ヨノイ大尉はこの件を口外しないよう言うと、48時間飲まず食わずの「行」をするように命じました。

転:クリスマスプレゼントとセリアズの過去

行の最中に花束を持ってきたセリアズは、隠していた饅頭を皆に与えます。日本兵に見つかったセリアズは独房収容。一方のロレンスも、無線機が見つかった罪を被り連行されますが、ヨノイ大尉から処刑を命じられることに。 独房で一緒になったロレンスとセリアズは互いの過去を話し、セリアズは弟をいじめから見捨てたトラウマを独白。2人は独房から連れ出されると、そこには酔ったハラ軍曹がいました。彼はクリスマスだからと2人を釈放します。

結:セリアズの運命

ヒックスリー俘虜長の余計な一言に怒ったヨノイ大尉は、捕虜たち全員を集合させるように命じます。捕虜たち全員の目の前で、ヒックスリーを処刑しようとするヨノイ大尉。セリアズはヨノイの頬にキスして制止しますが……。 それぞれの運命に訪れた「クリスマス」。その結末はぜひ自身の目で確認してください!

映画『戦場のメリークリスマス』の考察!不朽の名作が伝えるメッセージ

セリアズがヨノイ大尉へのキスで表した「愛」

『戦場のメリークリスマス』では、日本軍としての規律を重んじる反面、個人としては捕虜に肩入れしてしまう男の矛盾、「男と男の繋がりと衝突」を鋭い視点で描いた作品です。 本作の中でとりわけ印象的なシーンはセリアズがヨノイ大尉へした頬へのキスです。彼のキスがどのような意味があったのかは様々な考察がありますが、1つの「愛」を表現していると見ることができます。 いじめに遭った弟を救うことができなかったと後悔していたセリアズは、ヒックスリーを助けるためヨノイ大尉の頬へキスをして、彼を制止します。セリアズがヨノイ大尉へ個人的な恋愛感情を持っていたかは不明ですが、その行為には人間としての愛が込められているように思います。

名セリフ「メリークリスマス。ミスターローレンス」に込められた意味

『戦場のメリークリスマス』は、ハラ軍曹がロレンスへ言う「メリークリスマス。ミスターローレンス」という言葉で結末を迎えます。映画史に残る名セリフとして有名な一言ですが、これにはどのような意味があるのでしょうか。 ロレンスとハラ軍曹は立場は違えど、特別な友情で繋がっていました。クリスマスの日に、ハラ軍曹はロレンスとセリアズを釈放することにします。その時に彼は自分はサンタクロースだという意味の発言をしています。 時を経て、ハラ軍曹が処刑させる前日に会いにきたロレンスとハラ軍曹は、その日のことを懐かしそうに語ります。2人にとっては特別な日だからこそ、わざわざ会いに来てくれたロレンスへの感謝として発した言葉なのです。

『戦場のメリークリスマス』の気になる疑問とQ&A

『戦場のメリークリスマス』を配信しているサービスは?

2021年11月現在、『戦場のメリークリスマス』を配信しているサービスは「U-NEXT」です。

『戦場のメリークリスマス』はどんな人におすすめ?

映画『戦場のメリークリスマス』は、戦争を描いた作品でありながら、戦闘シーンを用いることなく戦争の本質と人間ドラマを描いた傑作。じっくりと「生きる」ことや歴史を考えたい人におすすめしたい作品です。

『戦争のメリークリスマス』は動画配信サービスで無料視聴しよう!