キャット・ピープル
キャット・ピープル
Cat People
1982年製作 アメリカ 98分 1982年7月17日上映
rating 3 3
8 3

『キャット・ピープル』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 2 2017年12月25日

生き別れの兄を訪ねて美しい女性が街にやってきた。街で発生した黒豹による事件に兄が関係しているのではと疑い始める女性は、のちに自分の秘密についても知ることになる。 とにかく最強の美人ことナターシャ・キンスキーが脱ぎまくり。なんの躊躇もないばかりか、なんの出し惜しみもなく脱ぐ脱ぐ脱ぐ!ジャグリングをしている時の笑顔は可愛いし、下品な話を振られて恥ずかしがる様子もとにかく可愛い。そして『テス』を思わせる薄倖な役所は相変わらず似合っています。ナターシャ・キンスキーは100点の映画ですが、実は映画はいまいち。オカルトホラーと悲しい恋愛物語を組み合わせている映画ですが、特に中盤までがとてもダレる。そして長い。映画は90分辺りで一度終わったかに思えますが、そこから30分続くのです。う〜ん、前半の方削れなかったかなあ。